2017年10月05日

ラテックス移し替え

手の震えが止まらないので、(前のブログを読んで下さい。)
ブログ書きます。

接着剤として使っているラテックスの移し替えのレポートです。
ラテックスは天然ゴムでエフスタイルさんの制作で使用しているものです。

結構前に一斗缶で購入し、ちびちび使ってましたが、
少しダマになる部分も出てきたので、ダマを取り除きつつ、
ペットボトルに移し替え。

Oct 05IMG_1462.jpg

Oct 05IMG_1463.jpg
移し替え三種の神器。漏斗、茶漉し、茶漉しの持ち手を切ったやつ。
使った後は無残な姿になります。

Oct 05IMG_1461.jpg
移し替えたものに、キッチンで使う、アルミのやつ(名前あるの、これ。)を
巻いて遮光性を持たせて保管。

最初に一斗缶が届いた時に、「使いきれるの、これ!」って思ったけど、
あと4リットルです。沢山作ったんだなと、実感が湧きます。

使い切る、というのは、なんだか嬉しい。
ボールペンのインクが無くなったりすると、少し幸せな心持ちになります。

Oct 05IMG_1479.jpg
あと少しで無くなる、糸。

一斗缶の容量を調べてみると、18リットルもあるようで、
14リットルを使った計算。
残り4リットルを使いきると、3色ボールペンのインクが同時に無くなる
くらいの喜びが訪れそうです。楽しみ!

ラテックスを改めて調べてみると、いやらしい事に使う用途もあるんですね。
ふーん、って思いました。

posted by ヤマモト at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | note

YAMAMOTOゴーグル

ご無沙汰しております。山本です。
今日は工房の隣のスペースの草刈りをしました。

Oct 05IMG_1496.jpg

草刈りの何が難しいって、刈払機は使うと振動で2時間くらい
手が震え作業が出来なくなる事。
なので、いつも日没直前や、お休みの日に作業してたけど、雨が降ったりして
なかなか出来てなかったので、ようやく出来てスッキリしました。

といつもの日常なのだけど、わざわざブログを書く訳は、
最近見つけて買った保護ゴーグル。

Oct 05IMG_1478.jpg

ゴム部分に「YAMAMOTO」の文字。全国の山本さんにお勧めです!
といっても、自分の名前が入っているのが、いいのか、悪いのかという
問題もあるけど・・・

今まではメガネが保護ゴーグルの代わりだったけど、
やっぱりちゃんとしたのは、良いですね。

そういえば、明日で岡山に引っ越して2年が経ちます。
以前は、革靴履いて、鎌で草を刈っていた(なめてる)ので、
小さいながらもうれしい進歩。

刈払機での草刈り、やってみると楽しいものです。


posted by ヤマモト at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年09月29日

工房日誌

本日の工房

気温24℃ 湿度50%

先週末に奈良のsonihouseさんでひらかれた家宴、長岡京アンサンブルさんのライブを聴きに行った。
音を聴くこと。
演者さんの響きを感じること。
聴きいるような、吸い込まれるようなすばらしい時間だった。
なぜ、そのような音が生まれるのか。
その「なぜ?」を垣間見るような時間だった。
久しぶりにたくさんの方にもあって、いただくものがたくさんあったように思う。
企画してくださったsonihouseさんとも改めてお会いすることができてうれしいなあとしみじみと。

岡山に戻り制作の日々。
今日は奈良での時間を誘ってくださったエフスタイルさんのステインプルーフシリーズを作っている。
少しづつ改良しながら続けているエフスタイルさんの制作。
こちらも、ANDARURA 同様に大切なシリーズです。

Sep 29IMG_1877.jpg

Sep 29IMG_1880.jpg

Sep 29IMG_1883.jpg

Sep 29IMG_1884.jpg



posted by ヤマモト at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年09月22日

二台のミシン

本日の工房

気温22℃ 湿度70%

今日はayanotoです。
最近ミシンの練習を始めた。
まだまだ慣れなくて、ミシンの方が先輩というかんじだ。
工房には二台ミシンがあり、それぞれ機械だけど性格が違う。
機械に違いなんてないような気がしていたけど、同じメーカーのものでもやっぱりちがうのだ。
使っている人の癖がうつるかららしいけど、動物みたいで面白いと思った。

初代ミシン
Sep 22IMG_1881.jpg

独立の時に中古で購入したもの。
・性格→少し癖があり、堅物なところがあるけれど、仕事はきれいでよいところがたくさんある。信頼できるミシン。


二代目ミシン
Sep 22IMG_1878.jpg

初代の調子がわるくなり5年程前に新品で購入したもの。
・性格→いつもご機嫌。たまに調子が悪くなると、山本さんが使うと元にもどったりする。パパっ子。初心者にも寛大で安定して使う事ができる。


山本さんは時々「いつもありがとう」と、ミシンに話しかけるそうだ。相棒だからと。
彼にそんな一面があったことをミシンに教えてもらう。
力が入ってしまってガタガタな縫い目になってしまうこともあるけど、
肩の力を抜いて、二台のミシンのことを知っていけたらなあと思っている。

追伸 
「ミシンを踏む」ということば以外に「ミシンの乗る」という表し方があるらしい。
後者の方が、なんだか仲良くなれそうでいいことばだなあと思った。



posted by ヤマモト at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ayanote

2017年09月15日

工房からの風景

本日の工房

気温27℃ 湿度39%
冷房なし

一年の中でも過ごしやすい時期。
ゆっくりとブログ更新する間に、季節は刻々と動いている。
2017年も残すところ4ヶ月をきった。
ここのところお会いする人たちと「今年は変化の年」と話す。
ほんとにそうだなあと。
そんな近頃は、工房から見える夕日がうつくしい。
倉庫から出て、外の風景を眺めてみた。

Sep 15IMG_1864.jpg


Sep 15IMG_1868.jpg


Sep 15IMG_1874.jpg


Sep 15IMG_1869.jpg




posted by ヤマモト at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年09月07日

工房日誌

本日の工房

気温25℃ 湿度62%

昼過に大雨が降った。
倉庫の中にある工房は天気はあまり関係ないけれど、滝のそばにいるような音
が響く。湿度は高いけれど、いつになく過ごしやすい本日。

Sep 07IMG_1858.jpg

Sep 07IMG_1841.jpg

Sep 07IMG_1861.jpg

Sep 07IMG_1842.jpg

Sep 07IMG_1846.jpg

ミシンのハンドルを握る手。
部分によって、スピードを変える。



posted by ヤマモト at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年08月28日

工房日誌の答え

本日の工房

気温30℃ 湿度35%

朝晩はだんだんと過ごしやすい時間が増えてきた岡山です。
さて、前回の工房日誌最後の出したクイズの回答。

Q この竹林の中で一本だけ竹じゃないものがあるけどどれでしょうか?

Aug 26IMG_1817.jpg




A 写真いちばん手前にあるものでした。素材はホースです。
 よくみると一本だけ少し曲がっていますね。

Aug 28IMG_1818.jpg

以前この倉庫を使ってたときは、夏の暑さ対策で隣に流れている沢の水を屋根に
組み上げて冷していたそうです。アナログ冷房の名残。知恵と工夫を感じました。



posted by ヤマモト at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年08月26日

工房日誌

ここ最近の工房

気温30度 湿度35%

Aug 26IMG_1783.jpg


Aug 26IMG_1827.jpg


Aug 26IMG_1829.jpg

Aug 26IMG_1832.jpg


Aug 26IMG_1831.jpg


Aug 26IMG_1823.jpg


Aug 26IMG_1817.jpg

工房裏の竹。この中にひとつだけ竹じゃないものがあります。
さて、どれでしょう?


posted by ヤマモト at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年08月18日

夏のお楽しみ市

東京は石神井にございます、copseさんで8月25日(金)〜27日(日)の3日間行われる、
夏のお楽しみ市に参加致します。

Aug 15IMG_1431.jpg

夏のお楽しみ市は、ズバリお蔵出し市です。

制作中についた傷や、少しの汚れなどあるものですが、使用には問題ないものです。
ANDADURAも着々と(というか・・・)溜まってましたので、
状態の良いものを見繕って出品致します。

先日は地域の花火大会でしたが、雨が降りそうで急いで上げてしまったらしく、
着いた頃には終わってました。僕は夏のお楽しみを見逃してしまいましたが、
お楽しみ市に足をお運び頂けたらと思います。

copseさんはこちらからご覧下さい。



posted by ヤマモト at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | information

2017年08月17日

ファブリックの鞄

Aug 17IMG_1438.jpg

今日はayanotoです。
お盆すぎると暑さが弱まると言われていますが、八月も半ばになり、今年も明け方は
ひんやりと秋の気配がしてます。底抜けの暑さもちゃんと底をうって、
季節は動いていくなあと、毎年のことながら思います。

15日よりラインナップと価格が変わりました。
そんななかで、廃盤となったファブリックシリーズが出来たことを思い出しました。
中でもファブリックシリーズの鞄は印象的で、一番最初の試作から随分形が変わって
完成したものです。途中、ウサギの耳のように持ち手が長いこともありました。
お道具箱のように自立する鞄。
なんだか既に懐かしい気持ちがしてしまいます。

先日、いつものように主人と車で走っていた時に、彼がこんなことを話してました。
自分が作ろうと思ったものを、最後まで作りきることが次に繋がって行くと思う。

このラインナップは廃盤になったけど、次に繋がるために必要な過程なんだなあと
思いました。目に映るものは実は氷山の一角で、山全体は映らない。
でも、山の麓がなかったら、一角すらないんだなあなんて。
そんなことを思いました。

これから先、新しいラインナップができました!と報告できることが、
やっぱりたのしみです。
変更が重なりいろいろお手数おかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

秋も、もう遠くないですね。



posted by ヤマモト at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ayanote