2018年09月27日

窓はないけど気にしない

IMG_8135.JPG
工房いい感じに進んでおります。
本日は床下換気の穴あけ作業が終わりました。

IMG_8132.JPG
コア抜きと呼ばれる機械(借り物)を使って12cm厚のコンクリートに75mmの
穴を空けます。差し込みの角度がずれると、機械に身体ごと持っていかれて、
一人柔道みたいになります。力を入れて押さねばならないけど、軸がブレた時には
すぐにスイッチオフにしないと、手首がやられる機械です。
計9個換気口空けました。内一個は同業のjacouの田内さんに空けて
もらいました。タウさんが来てくれた時に、
「結構楽しいですよ。一個空けてみますか?」
と気軽に進めたけど、結構危険な作業でした。
気軽にお願いする作業じゃなかったです。いやはや。

IMG_8133.JPG
とこんな感じで、抜いたコンクリートの塊たち。

IMG_8123.JPG
こういう金物を取り付けます。これでオッケーかと思ったら、
施工説明書には要コーキングとの事。コーキング必要なんですね。

IMG_8154.JPG
先日ブログで書いた、モーター部品ですが、照明の回す所にジャストフィットしました。
見た目が野暮ったいですが、長らく一緒にやって来た相棒ですから、まぁ良いでしょう。

あとは地味な作業が続きます。道具を防錆保管のクオリティーから使えるものにする。
ミシンオイルはミシンに取っておきたかったので、オリーブオイルにつけていたので、
ベタベタするのを綺麗にします。

IMG_8136.JPG
青砥と呼ばれる研磨剤をバフにつけて地道に磨きます。

IMG_8139.JPG
まずは、よく使う道具から、手前の道具はお気に入りで、ハードに使っていたら、
3cm程折れたので、削り直しました。少し短くなったけど、使ってたら、慣れると思う。
革の印つけの道具だけど、おそらくうなぎの目打ちの道具です。
とっても使いやすい。

工房の景色を少々

IMG_8143.JPG

IMG_8144.JPG

IMG_8147.JPG

IMG_8148.JPG

IMG_8137.JPG

IMG_8128.JPG

IMG_8126.JPG

IMG_8124.JPG
といつもの風景に近づいてきました。オーディオは生きてました。
念入りに洗いましたが、YAMAHAの木工精度はビックリでした。
水がまったく入った形跡無かったです。

気が付いたらミシンのキャスターのベアリングがぼろぼろと取れていましたので、
キャスターを交換しようとミシンをばらして横にすると、
ミシンの足から水が!さすがに放置はできないので、洗って、赤錆を黒錆に
変える転換スプレーをして組み直します。キャスターのネジがやや特殊で、
現在到着待ちです。

と地道な作業をしていて思うのは、よくぞこれだけ救出したよな、
という事です。これはわたくしの貧乏性の成せる技ですが、それ以上に
沢山の方のサポートがあっての事だなと、ひとつひとつの道具を触りながら
感慨に耽っていました。有り難い事です。

感慨に耽るという事は、作業は終盤という事で、窓はまだ無いけど気にしない。
作業は終盤です。


posted by ヤマモト at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年09月21日

工房の進捗具合

すっかり涼しくなって、セーターを着たりもしております。
作業もいくぶん進みました。

IMG_2008.JPG

IMG_2020.JPG

IMG_2025.JPG

IMG_2014.JPG
合板を貼り終え、ジャンプして具合を確認。

IMG_2028.JPG
床が高くなったので、梁を掃除して、照明の取り付け。

IMG_2038.JPG
掃除をすると、輪郭が締った空間になりますね。

IMG_2048.JPG
そして、床材を貼ります。

とここで、カメラが故障して、進捗状況が撮れなくなる。
ほんと家電関係が、壊れまくりです。水に浸かった訳でもないのに、
不思議です。

IMG_1160.jpg
床材も貼り終わり、最低限のものを入れました。
革のお直しも届いて、ほんと革屋さんに感謝です。

革も届いたし、自分でやるリフォーム作業はほとんど終わりました。
あと自分でやるのは、照明の配線やら、床下換気口を開けたりするくらいです。

とりあえずは、当分窓無し工房です。
内装の直しがあるので、物をあまり入れられないので、
だましだましやってゆきます。



posted by ヤマモト at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年09月07日

災い転じて福にする

あれから2ヶ月が経ちました。もっと長く作業している
ような気がしてます。

工房も進んで来ております。
納屋で窓が無いので、窓を切りました。
本来は窓は先に切りますが、進められる所を進められるよう、
床を先に進めてました。

IMG_1956.JPG

IMG_1964.JPG

IMG_1965.JPG

IMG_1970.JPG

IMG_1973.JPG

IMG_1986.JPG

IMG_1988.JPG

何もないだろうと思った所に、筋交いが入っており、
全体の構造が分からないので、筋交いは残して、台形の窓にするプランで進めようかと
思ってます。

えらく工房を作り込んでます。
簡単に出来るやり方もあったのですが、
元々、工房は設計の方にお願いして、作ろうと思っており、
大雨の1週間後に打ち合わせの予定でした。これまでは騙し騙し工房を作っており、
今回はちゃんと作業しやすい環境にしたいとの思いからでした。

大雨で工房がダメになって、考えていたのは、
どうにかしてこの状況をプラスに出来ないかという事でした。
災い転じて福となる、と言いますが、災い転じて福にする、と意気込み
あれこれ考えてました。

ここで急いで工房を作ると、後々に「ああいう事があったから、仕方ないよね。」
となるのは目に見えており、自分でやらずにお願いすると、
数ヶ月後の話になり、ここはいっちょ、自分でやってみようと思いました。

この状況で励みになったのは、自分が作り手である、という事でした。
ダメになったら作ればいいや。と最初から思っていたし、
自分の行動規範(みたいなもの)として、モノを作る人間ならどうする?
という問いを自分に浴びせ続けました。
そこで、気付いたのは、作り手というのは、モノを作る事が出来る人ではなく、
出来なくても、作ろうと思う人の事なんだなと思いました。

工房を自分で作る宿命みたいです。
災い転じて福とするには、おそらく自分で、作り手として、工房を作る事が
今出来る事なのでは、と思います。
復旧に時間もかかっており、お待たせしている方々には、申し訳ない
気持ちもありつつも、すごく大切な事をしている実感があります。
もうしばらく、お待ち頂けたらと思います。

あと、工房をしっかり作っているのは、ず〜っと自分が作っている
場所で自分が作っているモノを見てほしいと思っておりました。
岡山のこの場所に決めたのは、風景が最高!という事で、この場所で
オープン出来たらと思っております。年1、2回位の頻度になりそうですが、
それでも、すごく大事な時間になるような気がしております。

ここ最近の報告と心境についてでした。
今日も相変わらず、アブに20箇所くらい刺されました。まぁそれなりに痛いです。



posted by ヤマモト at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年09月02日

アブとの戦い

今年はアブが大量発生の年らしく、作業してると常に
2、3匹は周りを飛び回っています。
アブを気にしてると作業が進みませんので、完全無視しながら作業しています。
ですので、かなり刺され(噛まれ?)で「痛っ!」と言いながらの
作業です。たまに気が向くと剣豪ごっこと称し、アブと戦ってます。

と、アブとの戦いの日々です。
その他の虫も余りにも寄ってくるので、
「死体じゃないよ〜、生きてるよ〜。」と声をかけてみますが、
全然効果無しです。ハッカ油が効果有りですが、それでもアブには刺されます。
そんなアブとの戦いの日々です。

IMG_1929.JPG

IMG_1938.JPG

IMG_1946.JPG

IMG_1942.JPG

IMG_1950.JPG

IMG_1951.JPG

IMG_1948.JPG

IMG_1943.JPG

最近の作業風景です。コンクリートの作業も終わり、大引さん(床を支える要)
が入りました。木の作業は一瞬ですね。ビス留めがほぼコンクリートなので、
中にプラグ仕込む作業がなかなかでした。工房は納屋で窓が少ないので、窓を切る為の
位置を出しています。床が約30cm上がるので、そこから確認します。

3月にお願いしていた車が届いて、リニューアル。
コンパネサイズも載るので助かります。

相変わらず、いろんな(ビックリな)事が勃発しながら作業しております。
相変わらず、作業は押せ押せです。暖かく見守って頂けると嬉しいです。

因にアブには数十回刺されておりますが、岡山のこの場所に引っ越して
流れ星を40個程見ております。ちょっとした自慢です。
なかなか、願い事は間に合いませんが、今お願いするとしたら、
「アブに刺されませんように。」になります。そんな今日この頃です。


posted by ヤマモト at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | note