2014年10月01日

帆布バッグ

新作の帆布バッグをホームページにアップしました。
久々の新作!です。是非ご覧下さい。

fabric_bag.jpg

そして、新作の更新の際は、ホームページを客観的に見てみて、
少し手直しをします。

今回は「革のお手入れについて」のページを書き直しました。
ずっとこのページは書き直さなくては、と密かに思っておりました。

変更部分を大まかに言うと、革の手入れは人それぞれです。という事。
手が乾燥している人は、オイル入れた方が良いし、ポケットに入れて使用される方は
オイルが自然に入るので、特に何もしなくて良かったり。
はたまた、気が向いた時に、お財布をなでてあげると、
手の油も入りそれだけで十分だったりもします。
荒々しい経年変化がお好きな方もいるし、
オイルが入った経年変化がお好きな方もいます。

なので、人それぞれなんですが、
「人それぞれ」です、なんて、不親切だなとの思い、定期的に塗布して下さい。
と記載していたけど、実際に展示会などで、オイルをお勧めする際は、
上のようなややこしい話をしていたから、やはり自分が実際にお話する時と、
ホームページのつるんとした文章のギャップが、頭の片隅にあり、
うーん。となっていた。どうしたものか。

人それぞれ、と言い切る事も違和感があるし、定期的に塗布して下さいも、
オイルは一切必要ないです、とクリアに分かりやすく話すのも何かひっかかる。

かといって、そんな神経質にならずに、自然な変化を楽しんで欲しいという
思いもある。しかし、実際にオイルを取り扱う以上、何らかの提案する
責任はあるだろう。

そんな思いをあれこれ含めた上で、説明出来るものなのか・・・

と、うねるように悶絶(というとおおげさですが)してました。

一応文章をゴリゴリ書いて、「お手入れについて」のページも更新しました。
思うままに書いたら、凄い長文になったので、削りに削り、
なんとか今のかたちになりました。

勿論、言葉が全く違和感無いなんて、ない話で、何かしらのズレがあるのですが、
こればっかりは、気が向いた時に手を入れたいと思います。
少しずつ違和感が無くなればいいなと、思います。

そうです。これを読んだ方はこう思うはずです。
「こいつ、ややこしいなぁ〜。」と。「もっとシンプルに考えなよ。」と。

僕もややこしい考え方してると思います。
しかしこんな言葉があります。「謙虚であれば、世界は神秘を見せてくれる。」
この謙虚さは、ややこしいものを無理矢理シンプルに置き換える事への節度でも
あったりすると思う。

僕は神秘が見たいので、この性格は変えないだろう。
という訳で、ややこしいお手入れの説明(できるだけそうならないようには
努めました。)ですが、おつきあい下さい。

変更についてちゃんと書いた方が良いなと思いましたので、新作の告知なのですが、
お手入れの話になってしまいましたが、新作バッグ、是非ご覧下さい。


posted by ヤマモト at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | information
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104083750

この記事へのトラックバック