2015年03月05日

帆布トートの仕様変更について

確定申告も無事終わり、少し肩の荷がおりました。
年々作業が早くなっていて、今年は2日で終わりました。
作業が早くなった分、「終わった〜感」も少なくなります。
さて、先日のブログでもお伝えしておりましたが、
帆布バッグ、FBT01S、FBT01Mを仕様変更をHPにアップ致しました。

4.jpg
HPと重複しますが、こちらにも載せます。

・FBT01Sの変更点
マチ側の内部ポケットの幅を7mm短く致しました。

・FBT01Mの変更点
マチ側の内部ポケットの幅を7mm短く致しました。
ポケットの数を5ポケットから3ポケットに致しました。
以前のものは、ポケット内部で布を継いでおりましたが、
底部で継ぐよう変更致しました。Mサイズは変更に伴い
価格も見直しました。

変更点を読んで頂いてもなんのこっちゃだとは思いますが。
より、納まりが良くなったと思います。納まり重視の微調整です。
最初に作っていた時も、最後までどっちにしようかと、迷っていた部分なのですが、
こちらの仕様の方がよりバランスが良いのでは、と思うようになりました。

Mサイズはポケット内部で継いで、縫い目が見えないようにしておりましたが、
底部で継ぐように変更しました。これもポケットの重なりが出にくい箇所への
変更です。(これは最初に作るときは全く頭になかった箇所です。)
ポケット内部で見えないよう継ぐのが、綺麗で、なおかつ継ぎの重なりが
芯材の役割になり、それがカバン内部を一周する事で、より自立感を高める。
(このカバンは内部の作りが、そのまま芯の効果になる事を考えながら作ってました。)
でもその分、表面への緩衝度合いが高まる。底面での継ぎは、自立感は少し低くなるけど
表への緩衝度合いも少なくなる。どっちをとるかですね。(正直言って、
ここらへんの細かい箇所がどっちがいいかは、見方によります。)

何個も制作していて、変更前の作りは、作り手(僕ですね)のやりたい事を
詰め込み過ぎているなぁ、と感じました。それより、より素直な作りにして、
見直しした方が、良いのでは思うに至りました。

最近は、より素直に作りたいと思う事が多いので、今回変更に至ったのだと思います。
出すものは、現在のベストであって、また改善出来る部分が見つかれば、
少しずつ変更していこうと思います。

あと、キーホルダーLGK01を定番から外しました。
キーリングのキーホルダーを定番にしたいな、と思っておりましたので、
一度引っ込めて、じっくり新しいカタチを練ってゆきます。

という訳で、細かい変更点ですが、出来る限り書いてみました。

そういえば、確定申告会場で、小学生の書いた税金の標語があって、
「社会を支える税」「大切な税金」なんかがあって、これは分かる、
「税金を大切に」みたいなのもあって、、沢山見ていると
目線が不明で頭がクラクラしてくる、
そんな頭なので「笑顔は税金から」に吹き出しました。

そんなこんなで、春の到来を楽しみにしつつ、制作に励みます。


posted by ヤマモト at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | information
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114667907

この記事へのトラックバック