2017年06月30日

はじめまして。

去年からANDARURAの手伝いをはじめました、山本綾乃と申します。
今までは家の隣に工房があったので、なんとなく主人の仕事は見たことがありました。
実際に関わり自分の手を動かしてみて、その難しさや細かさにびっくりしました。
今もまだ初心者マークをつけながら作業しています。

今年の4月に京都にあるロクさんでの展示にて、ANDADURA・山本の隣から
みた風景や、日常の様子をお伝え出来たらと思い文章を書かせてもらいました。
綴る中でみえてくることがあって。
私自身も書くことでまたひとつANDADURAを知るような気がしています。
2017年の折り返し日、6月最後の金曜日の今日からブログを時々更新することに
しました。


ひとつの財布をみると、それは財布でしかないけれど。
その奥にいろんな人がいて、さまざまな行程があって、たくさんの時間や、
誰かの人生があるなあと、この文を書きながら思いました。
手に取ってくださる方がいること。
使ってくださる方がいること。
販売してくださる方がいること。
とてもありがたいなあと思います。


普段は表に出ない、もしかしたらそんなに出さなくてもいいことかもしれないけど。
時々綴っていきますのでどうぞよろしくお願いします。



posted by ヤマモト at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ayanote
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180201655

この記事へのトラックバック