2017年08月01日

工房日誌

本日の工房

気温31℃ 湿度39%


先週、最近変な音が聞こえるようになった革漉き機「NIPPY」の修理を行う。
NIPPYは工房にある機械の中でも一番古い。
中古で買った時点でどれくらい使われていたか分からないほどの年代ものだが、
現役で日々活躍してくれている。
下町の親方さながらの貫禄がある機械だ。

1-1.jpg

変な音が聞こえるという症状を、会社さんに電話越しに機械の音を聞いてもらったところ
変えた方がいいとパーツを教えてもらう。


1-2.jpg
写真下が交換パーツ。円形部分が少しすり減っている。


1-3.jpg
こちらも右側の新しいものへ交換。

1-4.jpg
回転する歯は、半分以下にすり減っていた。


1-5.jpg
歴史資料集に出てきそうな説明書をみながら、部品を入れ替え。


1-6.jpg
パーツを取り替えました。


変な音も鳴らなくなり、これからも現役のNIPPY親方です。







posted by ヤマモト at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180516166

この記事へのトラックバック