2019年02月07日

岡山弁講座「てご編」

今年は1月から毎日少しづつ工房の手入れをしておりました。

Jan 28 2019DSCF8371.jpg
工房見学の高校生に手伝ってもらい運んだ刻印機。
ストックルームの大きな棚なども運ぶ。

Jan 28 2019DSCF8497.jpg
空いたスペースに新しい棚がやって来てくれました。
これは使いやすい。持ってきてくれた福本さんに感謝です。
すっきりしました。

Jan 28 2019DSCF8496.jpg
簡易型紙かけを作る。(作る、という程のことではないけど。)

Jan 28 2019DSCF8494.jpg

Jan 28 2019DSCF8500.jpg
久々の失敗。
ひっくり返しの際に革が裂ける。
こうならないように、
Jan 28 2019DSCF8502.jpg
の湿度計をセットして、見ながら行うのですが、
革がいつもよりしまっていたのが、原因でした。
最後の最後の工程なので、結構がっかり感があります。

Jan 28 2019DSCF8511.jpg
工房のそばの斜面ですが、先週末に近所の方々と、綺麗にしました。
先々週は地域の山水の井戸の整備があったり、ここ最近はどんどん
環境が良くなっています。この辺りの方言では手伝う事を、「てご」と言います。

僕は大阪に住んでいて離れた時に、方言喋れるようにしとけば良かった。
と感じましたので、岡山弁をマスターすべく、聞き耳をたてております。

「てごしましょっか?」くらいならサラッと言えるようになりました。
2月は近所の神社の床貼りの、てごがあります。
ほんと水の確保やら、なんでもかんでも自分たちでやってしまう、
おじいちゃん集団は頼もしい限りです。

水道管なんかも80過ぎのおじいちゃんが
「昔3年がかりで水道を引いた。」と言ってるのを聞くと、
我が家で山水が使えるのも、とっても有り難く感じます。
とはいえ、よくよく考えれば、全てのインフラはそうなんでしょうね。
有難や。

「てご」は手伝うと訳されますが、よくよく聞いてると、
どこかに「お互いさま」ってニュアンスがほんの少し混じっているのを
感じます。2月は我が家の切った木を燃やすのをてごしてもらうので、
てごのしあいですね。

工房の事を書こうと思って書いていたら、岡山弁について書いておりました。
「やこう」って岡山弁もあるのですが、これはなかなか使いこなせない!
使いこなせるようになったら、ここで書きます。



posted by ヤマモト at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185518424

この記事へのトラックバック