2012年09月25日

エフスタイルさんのステインプルーフ新作

お手伝いしている、エフスタイルさんのステインプルーフシリーズ。
新作の名刺入れ(Sサイズ)&祝儀袋入れ(Lサイズ)もお手伝いさせて頂きました。

大切に織られている生地の残布も使え、生地が生きかえって嬉しいものです。

KICX9124.jpg
ふっくらとした印象です。
いい!

KICX9122.jpg
開けたところもいい!(褒めすぎ)
切りっぱなしならではの造形です。

KICX9116.jpg
自立します。ふふふ、なポイント。

KICX9108.jpg
さて、今回は抜き型の裁断もANDADURA工房で行いました。
通常は大判の抜きはクリッカーという戦車みたいな機材を使うのですが、(持っている
ところにお願いしてます。)今回は工夫しながら自分で抜きました。
実際に抜く際は、上に重い鉄板をのせて型がはねないように、
部分部分を少しずつ抜いてゆく。
同業の人から見れば、無謀すぎる試みだろう。しかし、なんとかなります。はい。

KICX9110.jpg
ホック打ちをしていて紹介したい道具を発見しました。

KICX9113.jpg
この子です。普段ホックは、鉄の塊の上で叩くのですが、
鉄の塊が入らないところは、こういう小さな鉄を入れるのですが、
かれこれこの子とは、4年くらいの付き合い。

もともと「のどごし生」のおまけについてあったもの。でかでかと「のどごし生」と
ロゴも入っていたけど、サイズ感とステンレスの素材
(通常アルミの小さなものを使うので叩くと変形する)が気に入り使っていたら、
3年位でロゴがはがれ、お気に入りの道具に変わりました。
いい感じに育ってくれたと嬉しい限り。

そして、はなしは戻り、今回のステインプルーフシリーズのはなし。
制作した後に「これ、革でも作れるんだな。」と思いました。
作ってる時は、生地に合うかたちで考えてたのですが、
出来上がってみると、革でも作れるけど、考えもしなかったかたち。
こういうのが素直に出て来てくれるのは、やはり一緒にやる醍醐味。

勿論革では作りませんが、ここから着想を得た構造のものが、幾つか湧いて来たのも
事実で、新たな水脈みたいなものが生まれる気がする。
一緒にやるのは、くせになります。ありがとうございます。

名刺入れ&祝儀袋入れ、見かけたら是非お手にとってご覧下さいね。


posted by ヤマモト at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | work diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58513371

この記事へのトラックバック