2019年01月08日

2019年

2019年に入り1週間経ちましたが、
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

毎年抱負めいたことを書いてましたが、
今年は一言。

みなさん、良い年にしていきましょう!



posted by ヤマモト at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年12月31日

2018年

毎年恒例の一年の振り返り。
2018年はとっても不思議な年でした。
7月の工房水没に「まつわるあれやこれや」な一年でした。

そうは言っても、3月位から新作作りもしておりました。
新しい素材で作っており、やはり新しい素材は身体に馴染むまでに
時間がかかりますね。6月末くらいにいくつか完成。
ビニール工場に制作をお願いするものもあったり(もう出来上がっております。)
して、そろそろ出そうかなと思っている所の水没でした。

3ヶ月で制作再開したものの、制作しながらも「まつわるあれやこれや」
を行っており、使えなくなった革をどうするか?などの事もまだまだ課題は
残っております。さすがに、「まつわるあれやこれや」が5ヶ月を超えると、
ブーブー言っておりましたが、
久々に自分の弱さみたいなものに、向き合えました。
これは貴重な事ですね。水没して良かったとは全く思いませんが、
良かった事も結構ある、とは言いたい心持ちです。

昨日は工房の塗装を終えて、気持ち的に落ち着きました。
隣のお家の方が餅つきに誘って下さるので、年末らしい時間を楽しみました。
割れた器を直したりの年末恒例行事も無事進めております。

2019年は(毎年思う事だけど)とってもよい一年になりそうです。

とはいえ、先日中古の機材が出て来て、つぶれた工場にお邪魔したのですが、
お会いする同業の方々との話は、いつまで革が作れるのか、という話になります。
僕の仕事は材料や素材を作る方々や機材の整備をする方の様々な仕事があって、
成り立っている仕事ですが、加速度的にいろんなモノがなくなっていっているのを
実際にも肌感覚でも感じます。

仕事を始めた2010年にも、この時代にモノを作るって事が
なにかしらの、しんがりを努めているような感覚(好きでやっているんですが)
がありましたが、それがどんどん濃厚になってきている感じです。

とはいえ、2019年は良い一年になりそうな予感です。
まぁ、いつの時代も変化の中で何かをやっているのでしょうし、
変化するきっかけが向こうからやって来てくれるのは、(受け入れるしかないんだから)
グダグダ言わず、歓迎したいと思います。
どんな状況になっても何かを生み出すって事には希望があると思いますので・・・

持ち越す事も多いですが、清々しい心持ちで2019年を迎えられそうです。
いろいろお世話になりまくりの一年でした。ありがとうございます。
みなさまも良い年をお迎え下さい。

これから炭をおこして昨日ついた、お餅を焼きます。楽しみ!


posted by ヤマモト at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年12月24日

Instagramはじめました

Instagramはじめました。
SNSはすごく久々でリテラシーはゼロに等しいですが、
宜しければandadura_yamamotoよりご覧下さい。




posted by ヤマモト at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | note

2018年12月13日

ビニールシートライフ2

毎年思う事ですが、12月も半ば!一年が早い!
今日は風が強い1日。ビニールシートがしょっちゅうはがれます。
引き続きビニールシートライフを過ごしております。

Dec 07 2018DSCF7104.jpg

Dec 07 2018DSCF7123.jpg

Dec 07 2018DSCF7124.jpg

Dec 07 2018DSCF7131.jpg
こんな感じで、光の感じなど確かめながら、建具を考える。

Dec 07 2018DSCF7134.jpg

Dec 07 2018DSCF7136.jpg
在庫ボックスの様子。複数個になると、作りの個性が引き立って見える気がします。

Dec 07 2018DSCF7138.jpg
検品の様子。
刷毛で糸を毛羽だたせ、燃して使っていて毛羽立ちを抑える為の
ひと手間。こういう作業は気持ち作業と呼んでます。

窓枠も来年に持ち越しになってしまった・・・
年内に完成させたかったので、今年は強引に旧暦を採用しようと思います。


posted by ヤマモト at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | note

2018年12月08日

ネコのおじちゃんの石垣

我が家の隣(と言っても50mくらい離れている)の家に住む
ネコのおじちゃん。ネコを沢山飼っているおじいちゃんを
我が家ではネコのおじちゃんと呼んでいる。

数ヶ月前から、日中にカンカンを石を割る音が聞こえる。音の元を
探すとネコのおじちゃんが石を割っているのが見える。
豪雨の時に崩れた岩をツルハシで砕いている。

そして、先日気が付くとネコのおじちゃんの家に石垣が出来ていた。
これって、あの割った石で組んだの?
これは、ちょっと信じられない。ねこのおじちゃんと呼んでいるけど、
おそらく80歳は超えているおじいちゃんだ。

出来上がった石垣が近くで見たいのと、石垣の作り方を教えてもらおうと、
ネコのおじちゃんを訪ねる。

IMG_8343.JPG
石垣の作り方を聞くと、薄々そういう答えが返ってくるかなと思っていたけど、
「適当に組む。」との事。
話を聞くと、豪雨の際に土砂崩れがあり、6個のおおきな岩が出て来た。
最初は業者さんにお願いして岩を砕いたけど、あとは、人力で
砕いて、石垣を組んだ、との事。

IMG_8346.JPG

近くの木にはネコのおじちゃんの腕時計が吊るしてあり
「まぁ、遊びみたいなもんじゃ。」とおっしゃる。

IMG_8344.JPG
石垣作りのコツは適当に組む事と、
素人ならば、キチンと面を揃えると綺麗に見える、と教えてもらいました。
文字で書くと出来なそうですが、実際に話を聞き、おじちゃんを見てると
出来るなと思わせてくれる、教えです。

IMG_8351.JPG

民俗学の宮本常一さんの石垣の話を思い出します。
綺麗に組まれた石垣を見て、誰にも見られないのに
どういう思いでこの美しい石垣を作ったのか、という話。

先日我が家の大家さんが家に来た時に、
立派な石垣が出来ているから見に行こうと、近くでマジマジと眺めていました。
「いい石垣ですよね。」と声をかけると、
「立派な石垣じゃ。」と。

家から毎日見える場所にある石垣だけど、
見てると、とっても気分が良くなる石垣です。



posted by ヤマモト at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年12月07日

現在のところの工房ビフォア、アフター

IMG_1938.JPG
ビフォア

Dec 07 2018DSCF7109.jpg
アフター


posted by ヤマモト at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年11月28日

ビニールシートライフ

少し前の事になりますが、毎年恒例の豪渓の紅葉を見に行って来ました。
庭のもみじがあるので、それに合わせて行けば良いと思ってましたが、

Nov 21 2018DSCF7078.jpg
1週間くらい遅かったみたいです。
しかし、それはそれで綺麗でした。

Nov 21 2018DSCF7057.jpg

Nov 21 2018DSCF7061.jpg

先週工房の左官作業&板金作業が終わりました。
左官作業をするのに、荷物を部屋の真ん中に寄せる。
Nov 21 2018IMG_8294.jpg
しぶとく制作しています。

左官作業の様子
Nov 28 2018IMG_8300.jpg
自分で塗ろうと、夏に左官作業を教えてもらった、通称師匠にお願いしました。
(左官は自分では難しいと判断)

Nov 28 2018IMG_8302.jpg

Nov 28 2018IMG_8309.jpg
簡単な箇所などは自分たちで行う。教えてもらいながら、一緒に作業。

Nov 28 2018IMG_8304.jpg
この状態が

Nov 28 2018IMG_8308.jpg
石膏塗りをを経て

Nov 28 2018IMG_8329.jpg
になります。(塗り立てほやほや。)
息をするように左官作業をする師匠。

Nov 28 2018IMG_8326.jpg

Nov 28 2018IMG_8335.jpg
師匠の自作の道具たち。

Nov 28 2018IMG_8334.jpg
作業中に現れたトンボ。

Nov 28 2018IMG_8338.jpg
庭の紅葉もとっても綺麗でした。

一区切りついたので、建具を考える。
Nov 28 2018DSCF7119.jpg
なんだかんだで、図面を起こすより、1/1で考える方が早いので、実寸で寸法を確認
しながら進めます。型紙用の紙を間違えていつもより薄いものをまとめ買い
してしまいましたが、その紙が枠やら建具を考えるのに、役立ってくれました。

作業の度にビニールシートをかけたり、はずしたり、
そんな日々です。



posted by ヤマモト at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年11月11日

窓枠つきました

念願の窓枠が付きました。
Nov 11 2018IMG_8263.jpg
こんな風に組んでからはめ込みます。

Nov 11 2018IMG_8264.jpg

Nov 11 2018IMG_8277.jpg
余っていた断熱材も入れこみました。ホームセンターの方が
床の断熱材を買った時に何故か1枚おまけ(ホームセンターでおまけなんて初めての
経験でした。)してくれましたので、それを使う。

Nov 11 2018IMG_8283.jpg
漆喰が塗れるように下地を作ります。

Nov 11 2018IMG_8262.jpg
お昼ごはんのひととき。隣には植える予定のモミジアオイとミカンがあります。

Nov 11 2018IMG_8275.jpg
革の在庫チェックが外から出来る。しないけど。

Nov 11 2018IMG_8288.jpg

Nov 11 2018IMG_8289.jpg

Nov 11 2018IMG_8282.jpg
枠が2重になるので、テーパーをつけてスッキリと。

Nov 11 2018IMG_8290.jpg
框はコンクリートを削ってはめ込み。

それにしても台形の窓は、見ていて不思議な気分になります。
使い勝手を良くするならば、壁面に寄せたり、細かい調整はするのですが、
この窓に関しては、その辺りはいっさい考えていません。
厚紙で開口部を作って見た際に、いざなわれる感じがすごくて、
その感じを追求してます。
モノそのものではなく、モノがもたらす心理的変化を形から
考えなきゃならないのですが、
どうやって考えたらいいのかは分かりません。

それって、デザインの範疇なのか、心理学的な事なのか分かりませんが、
まぁ分からないなりに(作業の合間に)考えてみます。

建具自体は12月中頃に出来るので、またビニールシートライフに戻ります。

それにしてもデザイン考えるのは楽しいです。
明日は掃除して通常制作に戻ります。


posted by ヤマモト at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年11月07日

通称力の場所

Nov 07 2018DSCF7037.jpg
工房の前にある庭を力の場所と呼んでます。
ここに来た時は植物がギュンギュンに植わってて、淀んでいましたが、
伸びすぎたトウヒの木を切ってもらったり、剪定したりしているうちに
良い場所になりました。
散歩の際に、気に入った花など咲いていると、この場所に植え替えたりしています。

Nov 07 2018DSCF7035.jpg
思わぬ花が咲いていたりと、休憩中などはこの場所に佇んでいたりもします。

Nov 07 2018DSCF7036.jpg
窓はオープンでやってましたが、寒くなって来たので、
ブルーシートをかけると、景色が見えた方がテンション上がるのを切に
感じます。作業中にはあまり見ないのに、です。

明日は念願の枠の取り付けです。窓本体はもう少し先ですが、
Nov 07 2018DSCF7040.jpg
友人が書いてくれた図面を見ながら、あれこれ考える。
近所の板金屋さんに相談したりして、いい感じになりそうです。
友人は建具は作るの初めてですが、すごく考えてくれているのでがビシビシ
図面から伝わって来て、有難い限りです。

ちなみに窓の素材はスプルース、というものを使います。
これはトウヒです。最初に切り倒した木の素材です。

Nov 07 2018DSCF7038.jpg
ミシンの糸通しにぴったりなもの見つけました。
カーテンを取り付ける金物です。ミシンをお使いの方にオススメです。

それにしても明日が楽しみです。


posted by ヤマモト at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年10月25日

ここ最近の工房(良いタイトル浮かばず)

Oct 24 2018IMG_8240.jpg
紅葉の葉先が色づき始めました。
工房は制作しながら、少しづつ整えてます。

Oct 18 2018IMG_8206.jpg

Oct 18 2018IMG_8208.jpg
エフスタイルさんのステインプルーフシリーズの制作。
沢山作りました。検品中の様子です。

Oct 24 2018IMG_8232.jpg

Oct 24 2018IMG_8235.jpg
お財布の制作途中。
長らく作ってなかったので、制作できるかドキドキしてましたが、
ちゃんと体は覚えているものですね。
パーツをパーツボックスに、どういう収め方していたかは完全に忘れております。

Oct 24 2018IMG_8234.jpg
おnewの在庫ボックスも届きました。相変わらず竹内紙器制作所さんに
制作してもらっております。

Oct 24 2018IMG_8220.jpg
内装の納まりを考えたり、

Oct 24 2018IMG_8228.jpg
機材のベルトが切れました。

Oct 24 2018IMG_8226.jpg
こういう時の為に数年前に買っておいたバンコードという素材。
初めての出番です。

Oct 24 2018IMG_8245.jpg
熱で接着しますので、すぐにベルトが作れます。
無事復活。オレンジ色がテンションが上がります。

Oct 24 2018IMG_8239.jpg
この辺りは街灯が全くないので、夜は吸い込まれるような漆黒です。

近所の豪渓は紅葉の名所ですが、いつも時期を見誤ります。
近くに紅葉があると、時期が分かるので、今年はドンピシャのタイミングで
行きたいと思います。自然界の燃えるような赤は最高です。


posted by ヤマモト at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年10月13日

制作再開します

kobo_saikai450.JPG

制作を再開します。
ようやく再開の目処が立ちました。というか、ここ数日は制作しておりました。

気が付けば頭がいつもの感じになっていて、ビックリしました。
それは、パーツボックスや道具達がいつもの場所に収まっているのを
見た時なのかもしれません。それともいつものラジオを聞きながら作業
している時なのかは分かりませんが、いつもの感じがやってきました。

いつもの感じがどんな感じなのかは説明が難しいですが、
いつもじゃない感じは、いろんな事は考えず、とにかく目の前の事をひとつづつ
という猪突猛進型な感じです。それもそのはず、整った場がないと、〜しながら
という事が出来ないのです。

まあともかく、いつもの感じになり、制作をしております。
とはいえ現場は、あれが無いとなって、制作をストップしたりしています。

自作のミシンの押さえ(縫う場所によって縫いやすいよう加工したものを
何種類か使ってます。)が無くなっていて、加工に適した押さえを探し加工する。
前のものより、糸1本分余裕を持たせて加工する。バフがけに少し時間をかけて、
鏡面仕上げにする。その方が錆びにくい。前はギリギリを攻めて加工していたけど、
今は糸1本分の余裕。これはその時の気分ですね。

水に浸かった現場から一人帰ったあと、
「大丈夫。3ヶ月でなんとかなる。」と言ったらしいのですが。(覚えてない。)
丁度3ヶ月で再開出来ました。

3ヶ月ぶりの制作でしたが、毎日やっている事のようでもありましたし、
新しい工房もずっと過ごしている工房のような気がしております。

実際に制作に戻る喜びもありますが、いろんな初めての事をする、チャレンジングな
日々からお別れする事に少々の寂しさ(秋のせい?)がある事も事実です。
そう考えると、それなりに楽しんでいたのですね。

一生のうち、こういう時間もそうそうないだろうから、しっかり味わってやろうと
思ってました。良い事もそうじゃない事も(良い悪いの判断はしないようにしていましたが)
しっかり味わいたいと思う強欲なわたくしであります。

とにかくいろんな方にお世話になりっぱなしの3ヶ月でした。
ですので、辛かったというよりは、有り難いと思う事が沢山あったなぁ、
という感覚が残っております。ほんとうにありがとうございました。こればっかりは
いくら物忘れが激しいからって、忘れられないです。

ひとまず制作再開しますのお知らせでした。
新工房は窓が無くても良い工房です。すごく作業しやすいです。
いろんな意味で自分で作った工房じゃないみたいです。
ありがとうございます。


posted by ヤマモト at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年10月04日

マザーのマザー

ここ数日は型紙作りをしております。

Oct 04 2018IMG_8160.jpg
製品の型や成形に使うガイドや、荒断ちのカットガイドなども作ります。

Oct 04 2018IMG_8161.jpg

Oct 04 2018IMG_8159.jpg
もし何かあってもと、全ての型のサイズを書き込んだものを、
一昨年くらいに思い立って作っていたのですが、それが大活躍です。
小さいものはPCから型紙を起こし、
大きいものはこのファイルを見ながら、作っていきます。

3月くらいから新しい素材で新作を作っていたのですが、
その型紙が紙で作ったもので残ってはいるので、安心していましたが、
紙は濡れると縮むのですね。全然信用できない型でした。
修行と思って作り直します。

Oct 04 2018IMG_8163.jpg
今回からマザー定規を決めました。大きいものはアルミ定規でサイズを
出したりしてましたが、アルミは気温による誤差が大きいので、
1000mmで1.5mmくらいずれたりしますので、
サイズのずれない定規を基準にする事にしました。
文化服装のウェブショップで購入したもので、文字が層になっていて、
メモリが消えにくい、というもの。確かに長らく使っているけど、
全然文字消えてないです。優れもの。

型紙は製品の母のようなもので、その型紙の母は定規ですね。
というわけで、定規はマザーのマザーです。これからも大切に使っていきます。


posted by ヤマモト at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年09月27日

窓はないけど気にしない

IMG_8135.JPG
工房いい感じに進んでおります。
本日は床下換気の穴あけ作業が終わりました。

IMG_8132.JPG
コア抜きと呼ばれる機械(借り物)を使って12cm厚のコンクリートに75mmの
穴を空けます。差し込みの角度がずれると、機械に身体ごと持っていかれて、
一人柔道みたいになります。力を入れて押さねばならないけど、軸がブレた時には
すぐにスイッチオフにしないと、手首がやられる機械です。
計9個換気口空けました。内一個は同業のjacouの田内さんに空けて
もらいました。タウさんが来てくれた時に、
「結構楽しいですよ。一個空けてみますか?」
と気軽に進めたけど、結構危険な作業でした。
気軽にお願いする作業じゃなかったです。いやはや。

IMG_8133.JPG
とこんな感じで、抜いたコンクリートの塊たち。

IMG_8123.JPG
こういう金物を取り付けます。これでオッケーかと思ったら、
施工説明書には要コーキングとの事。コーキング必要なんですね。

IMG_8154.JPG
先日ブログで書いた、モーター部品ですが、照明の回す所にジャストフィットしました。
見た目が野暮ったいですが、長らく一緒にやって来た相棒ですから、まぁ良いでしょう。

あとは地味な作業が続きます。道具を防錆保管のクオリティーから使えるものにする。
ミシンオイルはミシンに取っておきたかったので、オリーブオイルにつけていたので、
ベタベタするのを綺麗にします。

IMG_8136.JPG
青砥と呼ばれる研磨剤をバフにつけて地道に磨きます。

IMG_8139.JPG
まずは、よく使う道具から、手前の道具はお気に入りで、ハードに使っていたら、
3cm程折れたので、削り直しました。少し短くなったけど、使ってたら、慣れると思う。
革の印つけの道具だけど、おそらくうなぎの目打ちの道具です。
とっても使いやすい。

工房の景色を少々

IMG_8143.JPG

IMG_8144.JPG

IMG_8147.JPG

IMG_8148.JPG

IMG_8137.JPG

IMG_8128.JPG

IMG_8126.JPG

IMG_8124.JPG
といつもの風景に近づいてきました。オーディオは生きてました。
念入りに洗いましたが、YAMAHAの木工精度はビックリでした。
水がまったく入った形跡無かったです。

気が付いたらミシンのキャスターのベアリングがぼろぼろと取れていましたので、
キャスターを交換しようとミシンをばらして横にすると、
ミシンの足から水が!さすがに放置はできないので、洗って、赤錆を黒錆に
変える転換スプレーをして組み直します。キャスターのネジがやや特殊で、
現在到着待ちです。

と地道な作業をしていて思うのは、よくぞこれだけ救出したよな、
という事です。これはわたくしの貧乏性の成せる技ですが、それ以上に
沢山の方のサポートがあっての事だなと、ひとつひとつの道具を触りながら
感慨に耽っていました。有り難い事です。

感慨に耽るという事は、作業は終盤という事で、窓はまだ無いけど気にしない。
作業は終盤です。


posted by ヤマモト at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年09月21日

工房の進捗具合

すっかり涼しくなって、セーターを着たりもしております。
作業もいくぶん進みました。

IMG_2008.JPG

IMG_2020.JPG

IMG_2025.JPG

IMG_2014.JPG
合板を貼り終え、ジャンプして具合を確認。

IMG_2028.JPG
床が高くなったので、梁を掃除して、照明の取り付け。

IMG_2038.JPG
掃除をすると、輪郭が締った空間になりますね。

IMG_2048.JPG
そして、床材を貼ります。

とここで、カメラが故障して、進捗状況が撮れなくなる。
ほんと家電関係が、壊れまくりです。水に浸かった訳でもないのに、
不思議です。

IMG_1160.jpg
床材も貼り終わり、最低限のものを入れました。
革のお直しも届いて、ほんと革屋さんに感謝です。

革も届いたし、自分でやるリフォーム作業はほとんど終わりました。
あと自分でやるのは、照明の配線やら、床下換気口を開けたりするくらいです。

とりあえずは、当分窓無し工房です。
内装の直しがあるので、物をあまり入れられないので、
だましだましやってゆきます。



posted by ヤマモト at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年09月07日

災い転じて福にする

あれから2ヶ月が経ちました。もっと長く作業している
ような気がしてます。

工房も進んで来ております。
納屋で窓が無いので、窓を切りました。
本来は窓は先に切りますが、進められる所を進められるよう、
床を先に進めてました。

IMG_1956.JPG

IMG_1964.JPG

IMG_1965.JPG

IMG_1970.JPG

IMG_1973.JPG

IMG_1986.JPG

IMG_1988.JPG

何もないだろうと思った所に、筋交いが入っており、
全体の構造が分からないので、筋交いは残して、台形の窓にするプランで進めようかと
思ってます。

えらく工房を作り込んでます。
簡単に出来るやり方もあったのですが、
元々、工房は設計の方にお願いして、作ろうと思っており、
大雨の1週間後に打ち合わせの予定でした。これまでは騙し騙し工房を作っており、
今回はちゃんと作業しやすい環境にしたいとの思いからでした。

大雨で工房がダメになって、考えていたのは、
どうにかしてこの状況をプラスに出来ないかという事でした。
災い転じて福となる、と言いますが、災い転じて福にする、と意気込み
あれこれ考えてました。

ここで急いで工房を作ると、後々に「ああいう事があったから、仕方ないよね。」
となるのは目に見えており、自分でやらずにお願いすると、
数ヶ月後の話になり、ここはいっちょ、自分でやってみようと思いました。

この状況で励みになったのは、自分が作り手である、という事でした。
ダメになったら作ればいいや。と最初から思っていたし、
自分の行動規範(みたいなもの)として、モノを作る人間ならどうする?
という問いを自分に浴びせ続けました。
そこで、気付いたのは、作り手というのは、モノを作る事が出来る人ではなく、
出来なくても、作ろうと思う人の事なんだなと思いました。

工房を自分で作る宿命みたいです。
災い転じて福とするには、おそらく自分で、作り手として、工房を作る事が
今出来る事なのでは、と思います。
復旧に時間もかかっており、お待たせしている方々には、申し訳ない
気持ちもありつつも、すごく大切な事をしている実感があります。
もうしばらく、お待ち頂けたらと思います。

あと、工房をしっかり作っているのは、ず〜っと自分が作っている
場所で自分が作っているモノを見てほしいと思っておりました。
岡山のこの場所に決めたのは、風景が最高!という事で、この場所で
オープン出来たらと思っております。年1、2回位の頻度になりそうですが、
それでも、すごく大事な時間になるような気がしております。

ここ最近の報告と心境についてでした。
今日も相変わらず、アブに20箇所くらい刺されました。まぁそれなりに痛いです。



posted by ヤマモト at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年09月02日

アブとの戦い

今年はアブが大量発生の年らしく、作業してると常に
2、3匹は周りを飛び回っています。
アブを気にしてると作業が進みませんので、完全無視しながら作業しています。
ですので、かなり刺され(噛まれ?)で「痛っ!」と言いながらの
作業です。たまに気が向くと剣豪ごっこと称し、アブと戦ってます。

と、アブとの戦いの日々です。
その他の虫も余りにも寄ってくるので、
「死体じゃないよ〜、生きてるよ〜。」と声をかけてみますが、
全然効果無しです。ハッカ油が効果有りですが、それでもアブには刺されます。
そんなアブとの戦いの日々です。

IMG_1929.JPG

IMG_1938.JPG

IMG_1946.JPG

IMG_1942.JPG

IMG_1950.JPG

IMG_1951.JPG

IMG_1948.JPG

IMG_1943.JPG

最近の作業風景です。コンクリートの作業も終わり、大引さん(床を支える要)
が入りました。木の作業は一瞬ですね。ビス留めがほぼコンクリートなので、
中にプラグ仕込む作業がなかなかでした。工房は納屋で窓が少ないので、窓を切る為の
位置を出しています。床が約30cm上がるので、そこから確認します。

3月にお願いしていた車が届いて、リニューアル。
コンパネサイズも載るので助かります。

相変わらず、いろんな(ビックリな)事が勃発しながら作業しております。
相変わらず、作業は押せ押せです。暖かく見守って頂けると嬉しいです。

因にアブには数十回刺されておりますが、岡山のこの場所に引っ越して
流れ星を40個程見ております。ちょっとした自慢です。
なかなか、願い事は間に合いませんが、今お願いするとしたら、
「アブに刺されませんように。」になります。そんな今日この頃です。


posted by ヤマモト at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年08月26日

近況報告

ここ最近はブロックやらコンクリートと戯れています。
IMG_1893.JPG

IMG_1914.JPG
ディスクグラインダーの左利き使いは、粉がまって髪の毛がパサパサになります。

IMG_1901.JPG
台風にも備えました。

IMG_1925.JPG
カットされたブロック達です。ここからアンカーを打ち込んで
組んでいきます。

IMG_1926.JPG
いろいろ重なるもので、新しく買ったPCが壊れて、またデータ移行。
手動移行はここ一ヶ月で2度目なので、デジャブ感がすごいです。
水没したmac miniと買って1ヶ月で壊れたmac mini
そして新しく買ったmac mini。3台も同時に持つ事ないので、記念にパシャリ。

いやはやな事が頻繁に起こるので、こういう時は怪我にはしっかり
気をつけようと思う今日この頃です。


posted by ヤマモト at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年08月21日

今日の標語

IMG_1877.JPG

IMG_1872.JPG
最近の制服はこんな感じです。イヤーマフヘルメットが必須です。

IMG_1881.JPG
現場っぽくなってきました。
現場人間としては、どんな現場であっても作る場であれば、楽しいです。

IMG_1883.JPG
一応台風に備えてみました。もたなそう。

IMG_1875.JPG
工房からの景色です。しょっちゅう手を入れていたので、好きな景色です。

ここ最近のキーワードは、「怪我の無い現場は、ゴミの無い現場。」
(今日思いつきました。)です。
怪我だけは避けたいので、どうしたら怪我しないかを考えたら、
掃除に行き着きました。しょっちゅう掃除してます。
へんな標語ですが、結構大事な気がしてます。

IMG_1885.JPG
微妙に床のレベルが出てないので、削って整えます。

IMG_1891.JPG
これが前のブログで書いた、なんとか引き抜いたネジです。
次生まれ変わるとしても、このネジだけにはなりたくないです。


posted by ヤマモト at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年08月19日

近況報告

以前の猛烈な暑さも和らぎ、暑くても日が長いから有り難いな、
と思える位の暑さになりました。

毎日地味な作業をしております。

IMG_1841.JPG
お借りしてた工房も改めて綺麗に掃除しました。

IMG_1838.JPG
隣のスペースも草を刈って場所を大家さんにお返ししました。

新しい工房も口約束で借りる事になってましたが、キチンと
契約を交わし、僕の誕生日の8月7日は新工房の掃除をしてました。
改装して壊す所もあるけど、それは関係なくしっかり全部掃除しました。
作業に入る前に、ささってる釘を抜いたり、柱を水拭きしたり、
場に挨拶。掃除はその場所に向き合うのにすごくいい方法だなと
思います。掃除をしながら、ここは湿気が多いな、とか、細かい所に
気が付けるので、掃除で感じた事を元に工房を作っていきます。

IMG_1855.JPG

という訳で、とっても良い誕生日でした。

今日は表のアルミサッシを外す作業です。
IMG_1856.JPG
グラインダーで枠が取れるように削ります。
チェンソー用ヘルメットと保護メガネ着用の重装備で挑んでおります。
無事外せましたが、あと2つ。

IMG_1858.JPG
こんな大きいハンマーとバールがあっても取り外しに苦労し、
取り替える為に、建物を少々壊さなければならない、取り付けって
なんなんだろうとフッと思いました。これ誰が嬉しいんだろうか?
少々苦言を呈してみました。

とはいえ、取り付け方も分かったので残り2つはサクサクいきそうです。

ここ最近のイノシシは神がかっていて、使ってない井戸を使えるようにと
井戸の周りを綺麗にしたら、翌日その場所を掘り返してました。
IMG_1859.JPG
見事に石垣も壊してます。

IMG_1861.JPG
こちらもイノシシ。

IMG_1863.JPG
ここは家の隣池に、大雨の影響で出来た地形です。
この場所に来ていたサギが来なくなったので、寂しい思いをしておりましたが、
この地形。風が地形を作る、って事をまざまざと見せてくれます。
水が土を運んで、風が削り地形が出来る。毎日観察しています。
小さくても岡山の地形なんですね。周りの山を眺め、この地形を見ると
ミクロとマクロが繋がります。隣池の娯楽スポットです。めちゃ楽しい。

大雨の後、一人で工房の様子を見に行った帰りの車内で、
そうか、方丈記を読む時が来たかと、うっすらと思っていて、
ようやく読みました。方丈記を読むのに、これ以上無い程、
うってつけなタイミングでした。

いろんな方のメッセージやお手紙に励まされながら作業してます。
ここ最近のキーワードは「思うようにいかない。」ですが、
思うようにいかない事をデフォルトにして、機嫌良く過ごしたいものです。

本日アルミサッシを取り外す際に、これ以上無いくらい、
ネジがなめりまして(2本)、取り外したネジはもの凄い
有様になっております。記念に取っておりますので、
またブログで載せたいと思います。結構笑えます。お楽しみに、です。



posted by ヤマモト at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2018年08月05日

2トーンとブヨでフランケン

ここ最近は、はちまきをしないと、作業出来ない身体になってしまいました。
おかげで、額は日焼けで2トーンになってます。夕方が少し涼しくなって
きましたので、放置している草刈りをすると、顔をブヨにやられ、
2トーンと相まって、フランケンのようになっております。

ここ3日程制作しておりました。
IMG_1828.JPG
ミシンを使わないモノを。

IMG_1824.JPG
裁断テーブル(自作)がクラッシュしたので、簡易裁断場所を作りました。

IMG_1823.JPG
裁断場所からの景色です。

IMG_1830.JPG
これは、無くなってなくて良かった、トップ5に入るガラス容器、
ほつれ防止の液を塗るのですが、プラスチックだときれいに洗えないので、
ずっとこれを使ってました。綿棒をかまして傾斜させる作業に日常を感じました。

今回の制作で、どのくらい整ったら再開出来るかの
ラインが見えました。

革は、革屋さんに送ったものの修正の方法を頻繁に
やり取りしてます。8月中位には第一弾が実際に見られそうですが、
半分使えたらいい所くらいになりそう。

ずっと、放置していた、ファイル整理もすこしづつ行ってます。
乾かしてコピーとって整理。
重要書類ファイルが1冊紛失に気がつく。

そろそろ、工房作りの図面も書かなくては、です。
なんだかんだで、いつも工房は自分で作る事になりますね。
今回は長く使いたいので、しっかりと作りたい所です。
工具揃えたり、材料を買える場所を探したりしてます。
これを機に、そこそこの改装なら自分で出来るように
なろうと思っております。

そうそう、モーターたちとも、さよならをしました。
IMG_1832.JPG
モーターの遺品のパーツはスピードコントロールのダイヤルにしました。
一番よく触っていたパーツです。

ノンクーラーな生活は、益子での暮らしを思い出しました。
家電のある原始人の暮らしというやつです。
暑さで脳みそがトロトロでまともな文章になりませんが、
額2トーンで作業しております。

前のブログで新しいモーターあんまり変わらないと書きましたが、
実際に糸をつけてしっかり縫ってみると、粘りがあるというか、
新感覚の踏み心地でした。モーターの回転にしっかりつながりがある
感じです。縫ってみても問題なさそうです。頻繁に掃除してたら、
よりよくなりそうです。

久々に草刈り場所に行くと、イノシシがきれいに掘り返して
くれていました。根を食べた形跡も少ないし、代わりに草刈り
していたとしか思えない痕跡でした。
思わずセンキューと叫びました。


posted by ヤマモト at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | note