2017年09月29日

工房日誌

本日の工房

気温24℃ 湿度50%

先週末に奈良のsonihouseさんでひらかれた家宴、長岡京アンサンブルさんのライブを聴きに行った。
音を聴くこと。
演者さんの響きを感じること。
聴きいるような、吸い込まれるようなすばらしい時間だった。
なぜ、そのような音が生まれるのか。
その「なぜ?」を垣間見るような時間だった。
久しぶりにたくさんの方にもあって、いただくものがたくさんあったように思う。
企画してくださったsonihouseさんとも改めてお会いすることができてうれしいなあとしみじみと。

岡山に戻り制作の日々。
今日は奈良での時間を誘ってくださったエフスタイルさんのステインプルーフシリーズを作っている。
少しづつ改良しながら続けているエフスタイルさんの制作。
こちらも、ANDARURA 同様に大切なシリーズです。

Sep 29IMG_1877.jpg

Sep 29IMG_1880.jpg

Sep 29IMG_1883.jpg

Sep 29IMG_1884.jpg



posted by ヤマモト at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年09月15日

工房からの風景

本日の工房

気温27℃ 湿度39%
冷房なし

一年の中でも過ごしやすい時期。
ゆっくりとブログ更新する間に、季節は刻々と動いている。
2017年も残すところ4ヶ月をきった。
ここのところお会いする人たちと「今年は変化の年」と話す。
ほんとにそうだなあと。
そんな近頃は、工房から見える夕日がうつくしい。
倉庫から出て、外の風景を眺めてみた。

Sep 15IMG_1864.jpg


Sep 15IMG_1868.jpg


Sep 15IMG_1874.jpg


Sep 15IMG_1869.jpg




posted by ヤマモト at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年09月07日

工房日誌

本日の工房

気温25℃ 湿度62%

昼過に大雨が降った。
倉庫の中にある工房は天気はあまり関係ないけれど、滝のそばにいるような音
が響く。湿度は高いけれど、いつになく過ごしやすい本日。

Sep 07IMG_1858.jpg

Sep 07IMG_1841.jpg

Sep 07IMG_1861.jpg

Sep 07IMG_1842.jpg

Sep 07IMG_1846.jpg

ミシンのハンドルを握る手。
部分によって、スピードを変える。



posted by ヤマモト at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年08月28日

工房日誌の答え

本日の工房

気温30℃ 湿度35%

朝晩はだんだんと過ごしやすい時間が増えてきた岡山です。
さて、前回の工房日誌最後の出したクイズの回答。

Q この竹林の中で一本だけ竹じゃないものがあるけどどれでしょうか?

Aug 26IMG_1817.jpg




A 写真いちばん手前にあるものでした。素材はホースです。
 よくみると一本だけ少し曲がっていますね。

Aug 28IMG_1818.jpg

以前この倉庫を使ってたときは、夏の暑さ対策で隣に流れている沢の水を屋根に
組み上げて冷していたそうです。アナログ冷房の名残。知恵と工夫を感じました。



posted by ヤマモト at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年08月26日

工房日誌

ここ最近の工房

気温30度 湿度35%

Aug 26IMG_1783.jpg


Aug 26IMG_1827.jpg


Aug 26IMG_1829.jpg

Aug 26IMG_1832.jpg


Aug 26IMG_1831.jpg


Aug 26IMG_1823.jpg


Aug 26IMG_1817.jpg

工房裏の竹。この中にひとつだけ竹じゃないものがあります。
さて、どれでしょう?


posted by ヤマモト at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年08月03日

工房日誌

IMG_1827.jpg

IMG_1821.jpg

IMG_1824.jpg

IMG_1836.jpg

IMG_1835.jpg
一瞬コウモリと見間違えた蜘蛛の巣




posted by ヤマモト at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年08月01日

工房日誌

本日の工房

気温31℃ 湿度39%


先週、最近変な音が聞こえるようになった革漉き機「NIPPY」の修理を行う。
NIPPYは工房にある機械の中でも一番古い。
中古で買った時点でどれくらい使われていたか分からないほどの年代ものだが、
現役で日々活躍してくれている。
下町の親方さながらの貫禄がある機械だ。

1-1.jpg

変な音が聞こえるという症状を、会社さんに電話越しに機械の音を聞いてもらったところ
変えた方がいいとパーツを教えてもらう。


1-2.jpg
写真下が交換パーツ。円形部分が少しすり減っている。


1-3.jpg
こちらも右側の新しいものへ交換。

1-4.jpg
回転する歯は、半分以下にすり減っていた。


1-5.jpg
歴史資料集に出てきそうな説明書をみながら、部品を入れ替え。


1-6.jpg
パーツを取り替えました。


変な音も鳴らなくなり、これからも現役のNIPPY親方です。







posted by ヤマモト at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年07月26日

工房日誌 

本日の工房

気温 30度  湿度49%

ファスナー会社より、注文したものと違うファスナー届いた。
仕様が違うので、一本づつ道具を使って直していく。

26-5.jpg

26-2.jpg

26-1.jpg


※この季節は首にアイスノンが必須です。



posted by ヤマモト at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年07月20日

工房日誌 7/20

本日の工房

気温 34℃    湿度 31%

エフスタイルさんの制作が終わり、通常制作に戻る。

21-1.jpg

21-2.jpg

21-3.jpg

そろそろ、革屋さんからブラウンの革が届く。
と、ブログに書き込んだ所で、革が届いた。

21-4.jpg

21-5.jpg

21-6.jpg

一枚一枚、厚みや状態を確認していく。
今回は全体的に革の仕上がりが薄い。
毎回、革の状態は違う。
どうしていくか、これから革屋さんと電話で相談する。

posted by ヤマモト at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年04月19日

牛窓クラフト散歩

牛窓クラフト散歩、無事終了しました。
家を空けたのがたった3日なのに、家に戻ると山が芽吹き、違う風景になってました。
新緑の緑はいいですね。毎日うっとりです。

牛窓での展示の風景を少々

IMG_1345.jpg

IMG_1343.jpg
ANDADURAコーナー

IMG_1342.jpg
ANDADURAとひとつ屋根の下だった服部謙二郎さんの美しい手織り布たち。
光の具合や天気によって、表情が変わり見飽きませんでした。
雨が降って湿度が上がると、布もしっとりとした表情になるのがビックリ。

IMG_1338.jpg

岡山に引っ越して、近所の方々に自分の作ったモノを見て頂ける初めての機会でした。
大家さんも来てくれたし、引っ越しでお世話になった方々にも、そしてお財布を使って
頂いている方、初めて見て頂く方々。やはり作ったモノを見てもらえるのは
嬉しいものです。岡山という場所で、ようやく自己紹介が出来た感じです。

来て下さった皆さま、作り手の皆さま、大変なエネルギーをかけてクラフト散歩を
支えて下さったスタッフの皆さま、ありがとうございました。
楽しい時間でした!

そう言えば、前のブログで書いた、バカ桜。
桜の種類が違うよ、との指摘。僕がバカ山本でした。
まぁ、愛嬌という事で。

posted by ヤマモト at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年04月10日

革について

1日に2本のブログは久しぶりです。
展示会の際に様々な革を見て頂きましたが、ただ革だけより、補助のような文章が
あったほうが良かろうと、革についての文章を書きました。

革について書くのは、なかなか難しく、変に苦労話になったりしますので、
結構何度も書き直し、愛着もあるので、PCのブラックボックスに飲み込まれる前に、
こちらにアップします。


ANDADURAの革について

IMG_1307.jpg

この革はANDADURAで使用している革です。
出来上がったヌメ革から、加工しANDADURAの革を作ってもらっています。

通常は半裁と呼ばれる形で仕上げますが、
ANDADURAの革は半裁を幾つかに分けて仕上げております。
表に使用する革をなるべく良い部位で使えるようにする工夫でもあり、
なるべく残さず素材を使えるようにする工夫でもあります。
革屋さんが作業しやすい革の大きさも考慮し、分ける部分を考えてます。

革の隅に、六とか七とかの数字がありますが、
これは仕上げる前の革の厚みです。
通常は後漉きといって、出来上がった革を最後に漉いて厚みを調整するのですが、
ANDADURAの革は裏面も仕上げる為、最初に漉いてから革を仕上げてゆきます。
革を仕上げる加工の段階で、革の厚みも変化していきますので、
毎回加工前の厚みを分かるようにして、データをためてゆくわけです。

こんな風に、半裁の革を分けて作ったり、数字を刻んでもらったり、裏を仕上げたり、
毎回厚みが変わったりという(手間のかかる)革づくりが出来るのは、
佐藤さんという革屋さんの存在があってこそです。

ANDADURAを初めてすぐにいろいろな革屋さんを回ったのですが、
小さなロットでも、面白がって革を作ってくれるのは佐藤さんだけでした。
佐藤さん曰く「もう一人いるよ。」との事ですが、
ANDADURAが素材から作る事が出来るのは、そんな革屋さんに出会えたからです。

革というものは、シミもあるし、傷もあります。革を作る際に汚れもつきます。
染料が入りにくい部位もある自然物です。僕はよくナマモノと呼んでいますが、
それを裁断してお財布やペンケースなどを作っています。
同じように見えても、よくよく見れば一つ一つ違う表情を持っています。

革は日々僕が向かい合っているものでもあります。
革というナマモノと出来上がったもの、共にじっくりご覧頂けたらと思います。

去年から仕事を手伝ってもらっている妻の綾乃に、『-AYANO REPORT-』と称し、
見たこと、感じた事などの記録をまとめてもらっております。
興味ある方は、そちらも合わせてご覧いただけたら幸いです。


端革について
IMG_1312.jpg

こちらは、使われなかった革たちです。
端革を販売する事は今までしなかったのですが、
今回は展示会に合わせて販売致します。

展示している革のキャプションで革はナマモノと書きましたが、
端革をご覧頂く事がいちばんナマモノ感を感じて頂けるのでは、と思ったからです。

ここにある革は、革の質が悪かったり、厚みが足らなかったり、逆に厚すぎたり、
汚れてたり、など様々な理由で、使用しないと判断したものです。

端革は、いろんな時期のいろんな革が混ざっております。
革を作るにあたって、毎回作り方を微妙には変えてますが、
基本的には同じ作り方をしています。ロットによって色も違うし、質感も異なります。
さらに言えばロットが同じでも結構違ったりもします。

端革を通じて、革のナマモノ感を楽しんで頂けたら幸いです。
気に入った革がありましたら、何かに使って頂けたら嬉しいです。

IMG_1283.jpg

京都の桜を楽しみにしておりましたが、少し時期が早く、まだ咲いてなかったのですが、
1本時期を間違えて満開になってました。こういう桜を僕はバカ桜を呼んでます。
何故か自分と重ね合わせてしまうのは、僕だけでは無いはず!

posted by ヤマモト at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | note

展示会終了しました

ロクさんでの展示会無事終了しました。
展示の様子を少々。

IMG_1284.jpg

IMG_1286.jpg
ANDADURAで使っている革も展示しました。いつもの裁断テーブルで見るより
大きく見えました。

IMG_1288.jpg
今回は革そのものを見てもらいたかったので、使わなかった革、端革も販売しました。

IMG_1289.jpg
クセ革企画、その場で裁断箇所を見極めました。

IMG_1292.jpg
ここからロクさんでの定番に加わるネイビー同色ファスナー仕様。
ファスナーひとつで印象が結構変わります。

IMG_1290.jpg
そして、革について、端革についての文章も書きました。
これは、また後日載せようと思ってます。

IMG_1302.jpg
ANDADURAの仕事をサポートしてもらっている妻の綾乃が、
工房で見た事などをまとめた「AYANO REPORT」
「何を書いてもいいから」と書いてもらいました。

今回の展示は一ヶ月前くらいに「そうだ、革そのものを見てもらおう。」
とピンときて、追い込み作業を進めました。
実際の製品と素材そのものを同時に見て頂きました。

活動の裏側というか、ANDADURAの日常を感じて頂けたのではと思います。
在店は2日でしたが、お財布を使って頂いている方も来て下さり、
ありがたい限りです。

嬉しい出会いも数多くあった時間でした。
ロク店主の橋本さん、お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
これから制作するものも、ひとつひとつ制作してまいりますので、
楽しみにお待ち頂けたらと思います。

今回はせっかく関西に来たのだから、と和歌山まで足を伸ばしました。

IMG_1322.jpg

IMG_1335.jpg

IMG_1328.jpg

和歌山をたくさん案内してくれた大学時代の友人のコーヒー屋さん、THE ROASTERS
オープン前に場所は見ていたけど、やっと来る事が出来ました。
和歌山の作り手さんとも沢山出会えて良い時間でした。

いつも工房にこもっている身としては、沢山の出会いが刺激的でした。
皆様ありがとうございました。

週末の牛窓クラフト散歩に向けて、また制作に励みます。



posted by ヤマモト at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2017年01月05日

この際、整合性は無視して

2017年あけましておめでとうございます。
本日から仕事初めです。コバを磨く機械を鏡餅に見立ててパシャり。

IMG_1062.JPG

見立てられて無い気もしますが、工房にたまたまミカンがありましたので、
撮ってみました。ついでにコバを磨く機械の説明をしてみます。
上のオレンジのものが、砥石でまずはこれで荒くやすりがけをします。
そして、布にオイルを含ませて、磨き、その後、下の木バフで磨きます。
これを何回(革の厚みや状態によってことなります。)か繰り返して仕上げます。

いつも作業机の脇にあって、親近感がある機械です。

今年の抱負を書こうと思いましたが、何と言っても新作を作る!
と毎年同じことを繰り返している気がします。
僕の場合は新しいものを作るのが、一番のインプットですので、
新作を作り、新しく見えたものを次回に生かし、また新作を作る。
このサイクルを作って行きたいと思います。
通常制作と新作制作のサイクルを作るのがなかなか難しく、
少し悶々としてますが、変化を恐れず変わって行けたらと思います。

「この際、整合性は無視して。」

ってセリフがたまに口からでます。昔見た映画の中のセリフだったと思うのですが、
この際、っていうのが味わい深いです。

そんな1年にしていきたいと思います。
本年も宜しくお願い致します。


posted by ヤマモト at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | note

2016年12月29日

2016年もありがとうございました

2016年も今日で仕事納めです。
年々掃除が好きになり、暇になったら、家・工房と掃除。
先日お家にもようやくカーテンを縫い終え(1年がかり)
今年も気持ち良く年を越せそうです。

IMG_1066.JPG

パソコンを夏に新しくしたので、移行作業もじっくり行いました。
型紙を作るソフトもイラレから違うソフトに変えたので、一つ一つ確認しながら
データを完璧に。いつもの作業台にPCがあり、見慣れぬ景色にパシャり。

岡山に来て、1年と少し経ち、いろんな人に会えたり、
この土地にも慣れてきました。とはいえ、だいたい工房にいるので、
引っ越してすぐに慣れるのですが、近所の歴史を知ったりすると、
なんとなくいいものです。少しづつ岡山が楽しくなってます。
来年もさらに楽しめますように。

今年も1年間ありがとうございました。
毎年言ってますが、来年は新作を作りたいです!

みなさま、よいお年をお過ごし下さい。


posted by ヤマモト at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2016年08月09日

展示会終了しました。

広島の84さんでの展示会無事終了致しました。
展示の様子のご覧下さい。
IMG_0569.jpg

IMG_5422.jpg

IMG_0596.jpg

IMG_0581.jpg

今回の展示では、去年作ったコンパクト財布が出来るまでの試作たちを展示しました。
IMG_0602.jpg

IMG_0592.jpg

IMG_0595.jpg

最初の試作から少しずつ完成に向かっていくサンプルたち、
コンパクト財布はTAKE20くらいまで作り、自分でもどういう順番で作ったかは
忘れてましたが、思い出しながら並べました。
定番で完成しているものは氷山の一角で、サンプル作りだったり、革作りといった、
普段は見えない仕事を見て頂けるのが、こんなに嬉しい事だったとは・・・

益子に住んでいる時に、造形作家(でいいのかな?)の横溝創さんと、
コンパクト財布が完成した頃に会って、試作の数々を見て、これ展示したら
面白いね、という言葉が残っていて、今回の展示に繋がりました。
横溝さん、ありがとうございます。

84さんでは、5年ぶりの展示でしたが、嬉しい再会もあり、
良い時間になりました。お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。
84の大田さん、ヤスコさん、DMを制作してくださったオリシゲさん、
ありがとうございました。

そして、今回の展示に合わせて、84さんのサイトで革について文章を書かせて
頂きました。「革る6年、革らない6年」というタイトルです。
よろしければこちらからご覧下さい。

猛暑で脳がトロトロになりそうですが、8月も頑張って制作に励みます!
ありがとうございました!


posted by ヤマモト at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2016年01月06日

あけましておめでとうございます

IMG_0392.jpg

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

前のブログで工房が巣みたいって書いたけど、
テントの外からみたさまが巣だったらしく、外からの写真で
新年の挨拶です。

ここ1年くらい、工房が手狭に感じるようになってからは、これ作っても置き場所が
ないな、とか、新しい材料も置けないや、(無理したら出来ますが、工房がすごく
使いにくくなるのは目に見えてますので)という物理的理由で新しいチャレンジを
保留にしてきていたので、作りたいものが溜まっていく一方でした。

今年は広い工房を得たので、ひとつひとつ形にしてゆけたらと思っております。
沢山溜まっているので、全部出し切るには時間がかかりそうですが、
スッカラカンな状態を夢見て、やってゆきたいと思います。

細野晴臣さんは、やりたいことは常に2割くらいしか出来てない、と書いていて、
僕もその気があるように自分では思いますが、
それでも、スッカラカンを夢見てがんばります。

スッカラカン気持ち良いだろうなぁ。

posted by ヤマモト at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2015年12月29日

巣出来ました

無事テントの組み立てが、ついさっき終わりました。
なんとか、年内にとりあえずは終わってひと安心。
テントが白いので、もう少し明るいと思ったけど、
これは、1灯増設だな。

IMG_0337.jpg
照明はS字フックと木のパーツと、電気用部品を使って好きな位置に出来るように
しました。

IMG_0338.jpg

工房を見て、「巣みたい。」って言われたけど、(僕は遊園地みたいと思った。)
確かに、巣と呼びたくなるような、本能的な感じがする。
快適に作業したいけど、あまりお金をかけたくない、(なので頭を使う。)
という、欲と貧乏性とほんの少しの知恵が工房を巣たらしめている
感じです。

巣はすごく快適です。
来年は面白い事が出来そうな予感。
ワクワクです。

この一年間も、楽しい一年でした。
岡山のこの場所でも、いろんな方に助けてもらいながら、生活しているのを
感じます。みなさま、ありがとうございます。
巣的な年末年始をお過ごし下さい。


posted by ヤマモト at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2015年12月24日

テント届きました

テント届きましたと、ドーンと写真載せようと
目論んでおりましたが、組み立てれておらずですので、
水の話。

IMG_0326.jpg

これは、我が家の隣の池で、古い地図によると、
後谷池と言うそうです。読み方は書いてなかったので、
「ごたにいけ」「うしろたにいけ」のどちらかだと思い、「うしろたにいけ」
を採用してます。

この池の水は、近所の集落を抜けて、(たぶん)下の高梁川に流れている(はず)

この水の通う道は、僕の工房までのルートと重なります。
だから、毎日工房に行く際は、「水の流れと同じなんだな」と考えるとなんだか
嬉しくなります。水の流れのように工房に行き、水の流れに逆らい帰宅する。

なんて事無いのだけど、
僕はつねづね、自分は広い水面の近くにいれば大丈夫、と思っている。
気持ちがささくれ立っていれも、こ一時間で、「リセット完了!」っていうふうに
なる。

工房の横にも、高梁川に続く、名もなき川が流れているから、
日常の中に常に川の流れがある。なんという贅沢!

IMG_0328.jpg

そして、これは、家の横の道、ここからカブで工房に向かいます。
この道は、蛇がしょっちゅうでるので、「蛇の道」と名付けてます。

この道の途中にある電信柱は、「2速柱」と名付けてます。
帰り道の昇りで、3速から2速にギアを落とすのに、
丁度良いポイントに立ってます。近所のものに名前を付けるのは、楽しい。

テントの到着も遅れ、未だに立って無いのだけど、
水の近くにいるので、大丈夫な、今日この頃なのでした。


posted by ヤマモト at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2015年12月01日

テント待ち

岡山に来て、楽しみにしていたのは、豪渓というところの、紅葉。
栃木からの習慣で、ラジオは関東のを聞いているので、
紅葉情報は関東周辺で、岡山の紅葉はそれより、少し遅いだろうと、
先週末に行ってみると、見事終わってました。

なんでも、11月頭だったようです。

IMG_0238.jpg
こういう地味な紅葉もいい!

IMG_0251.jpg
改めて紅葉が好きだなと思いました。来年こそは、ばっちりのタイミングで
行きたいと思います。

IMG_0265.jpg
そして、工房も制作しやすくなってきてます。
明るくなるよう壁を塗って、

IMG_0267.jpg
床もちゃんと塗装して、

IMG_0269.jpg
しかし、これはどうみても寒い。
余裕をみて早めに、囲う為のテントを発注してるけど、
なかなか、届かない。これほど切に到着を待つのも、久しぶり。

床と壁を塗装してて、脳裏にあったのは、映画ベストキットのダニエルさん。
家の塀をペンキ塗るシーン。僕がダニエルさんなら、かなり強くなっていると
思うけど、刷毛は使ってないので、強くなってるわけないか。
しかしそれでもペンキ塗るだけで、喚起されるベストキットは凄い。

ベストキットに習い、家に帰って、車にワックスがけしようとして、
これもやめた。拭き取らなくていい液体ワックスだし。
ベストキット見ていない人には、さっぱりですよね。
あるんです、そういうシーンが、
「ワックスかける、ワックスとる。」

今年いっぱいは、制作しながら、工房を整えていきたいと思う。
テント仕様になったら、またブログ書きます。

posted by ヤマモト at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2015年10月26日

引っ越しました

新工房からの初ブログです。

無事益子から、岡山に引っ越しまして、
ようやく少し落ち着きました。

IMG_0058.jpg
益子では、送別会を開いてもらいました。ありがとう!

IMG_0078.jpg
そして、がらんとした益子工房。

IMG_0096.jpg
空になった工房で記念撮影。

IMG_0105.jpg
原始人の暮らしの家にさよならをして、
車で岡山に向かう。この家を離れて、次の家に向かう時間が好き。
家を持たぬ宙ぶらりんな時間が、心地よい。

IMG_0110.jpg
そして、新工房。

IMG_0118.jpg
照明を付ける為に、ピアノ線を吊っているところ。

IMG_0119.jpg
ひとまず、工房のかたちになりました。
まだ手は加えますが、ひとまずはここからはじめます。

益子では、モノや生活を自分の手でごりごり作るいろんな方の姿を
見れて良かった。とても自由を感じました。
益子で住めた事は、これからも自分の中ですごく意味を持つ事と思います。
益子のみなさま、ありがとうございました。

ここから、新しい場所でがんばっていきたいと思います。


posted by ヤマモト at 11:38| Comment(2) | TrackBack(0) | note