2014年06月12日

横の空き地

梅雨に入ってからというもの、雨降りな毎日です。

こんな時は、畑を眺め野菜たちの成長を感じるのがいいです。
去年は中くらいの畑の中畑さんでしたか、今年は小さな畑の小畑さんです。

このくらいのサイズが丁度良い。

IMG_0038.jpg

そして、我が家の横の空き地。

IMG_0037.jpg

昨日、大家さんが、草を刈ってくれました。
いつもは、花を残して刈っているのに、昨日は、花も刈ってました。

少し前に、お話した際
「いつも花残して刈ってくれて、ありがとうございます。」
と言ったところ、となりで奥さんが
「あれは、雑草よ。雑草残して刈るんだもの。」
と仰る。

そして、昨日の庭。
大家さん少し傷ついたのか、と思う。
「いつも花残して刈ってくれて、ありがとうございます。」
と言った時、嬉しそうだったのに…

この空き地には、少し前に、農家さんが耕運機をとめてた。
その耕運機には、針かなにかで奥さんの名前らしきものが
刻まれていた。「みゆき」だったか、ミミズのはった跡のような
文字なので嫌でも目立つ。これあの人が書いたの?

普段はそんな雰囲気をいっさい見せる事無い近所の人たちだけど、
横の空き地で繰り広げられる、ささやかな出来事には、
とってもドラマを感てしまうのでした。


posted by ヤマモト at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2014年06月09日

ユリーカ

アルキメデスがアルキメデスの原理を発見した時に
「ユリーカ!ユリーカ!」(分かったぞ〜、みたいな意)と叫んだと本で読んで、
自分もずっとやってみたいと思っていたら、先程幸運にもその時がやって来た。

2年前から進めつつも日の目を見ない帆布バッグ。
一カ所どうしても気になる箇所があって、解決方法が思いつかず、
ずっと放置していたが、それがピンっと分かったのだ。

おっ!この時がやって来たかと、叫んでみました。
「ユリーカ!ユリーカ!」と。

確か、アルキメデスは裸で街を走ったとされてるが(記憶曖昧です)
そこまでは真似出来なかった。そして、叫んだと書いたが、
小声でつぶやいた程度である。(一人の時も恥じらいがあります。)

でも、良かった。これで前に進めるぞ!
しかし帆布バッグ制作が腑に落ちず、スウェードに行き、
それでもなぜか腑に落ちず、今はまた違う素材で進めている。
新しい素材でも、帆布の発見が必要だったので、良かった。

IMG_0036.jpg

↑ここの納まりが、どうしてもうまくいかなかった。

最近は新作作れて無かったけど、(作ってたけど、上手く行かないものばかりでした。)

いつも発見は、温泉でフワーとなっている時に来るけど、
今日はちゃんと工房でやって来てくれたのが、嬉しかった。

ユリーカ、ユリーカ。


posted by ヤマモト at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2014年06月02日

忘備録写真

久々にハードディスクを見ると、撮っていた写真が出て来ましたので、
パソコンの闇に消える前にアップします。

ミツマタ群生地

IMG_1979.jpg

IMG_1993.jpg

革加工の現場にも行きました。

IMG_2010.jpg

IMG_2013.jpg

IMG_2018.jpg

ずいぶん前の写真ですが、臆さずアップ!
忘備録写真でした。


posted by ヤマモト at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | note

白工房

ご無沙汰しております。6月に入りました。先週に、
フッ、と思い立ちまして、工房の壁を塗りました。

個人的に行っていこうと思ってる中掃除。
6月に一度中くらいの掃除をするだけですが、
12月と違い、少しゆっくり掃除出来るので、お勧めです。

そんな中掃除の一環で、壁塗り&工房整理しました。

中掃除前の工房
IMG_2320.jpg

IMG_2321.jpg

中掃除後
IMG_2322.jpg

IMG_2324.jpg

IMG_2325.jpg

上部に棚を作りました。

壁が白いだけで、こんなにも明るいのか!

そして、壁を塗りながら思い出したのは、
結構昔に現場監督していた時に、脚立に乗ったまま、
足ながおじさんのように移動してる人がいたのが衝撃だった。

凄いなぁ、と思ったものの、2秒後には
これは出来なくていいやつだ、と思ったのを思い出しました。

というわけで、工房のペンキ塗りは、ちゃんと脚立をおりて、移動させてました。
明るく居心地良くなった工房で、下半期も制作に励みます。


posted by ヤマモト at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2014年03月11日

クリップ購入記

2月はブログ書いてなかったのですね。2月は逃げると言いますが、
このままいくと3月まで去ってしまいそうで、焦って書いてます。

先週位に、クリップが切れたので買いに行きました。
Vクリップと呼ばれるもので、手紙を書いた時に、封筒にちょこっと付けるのが
好きで、近所のおばあちゃんがやっている店で買っていたクリップですが、

場所も曖昧にしか覚えてなく、ここだろうと入るとクリップが無い、
というか、文具コーナーさえ無い。周りにそれらしいお店も無いので、
「文具コーナー無くなったんですか?」と聞くと
「もともと文具なんて置いてないよ。」との返答。

少し頭がくらくらした。自分はどこでクリップを買っていたのだろう?
外に出て、それらしきお店を探しても無い!

後で聞いた話によると、そのお店は、つぶれて更地になったとの事。
納得!

だけと、こういう不思議な事が起ったとき、そういう事もあるよな、
と素直に受け入れる自分がいる。なんだろうこの性格。
そして、更地になった話は聞きたくなかったなぁ。不思議を抱えていたかったぞ。

その後、ホームセンターで似たようなの買いましたが、
どうしても気に入らず、ネットで探して購入。

左がお気に入りのクリップ。微妙に形状が違う。

IMG_1954.jpg

Vクリップ、テトンボ。これからも作り続けて下さい。

IMG_1955.jpg

1年くらい使っている、試作のスウェードバッグ。
いつになるやら、ですが、スウェードも作っていきたいなと思ってます。

革、帆布、スウェードがバランス良く作れるようになると、
思いついたものをきちんと形にできる、受け皿になると思い、少しずつ進めている。

そして、金沢でお取り扱い頂いているLINEさんが新しい場所に移転されました。
是非お近くの方は足をお運び下さいね。



posted by ヤマモト at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2014年01月28日

ワイヤーブラシ

IMG_1939.jpg

この道具は、革の裏の粘着力を上げる為に、ゴシゴシするワイヤーブラシ。
左のものは、寿命をむかえたので、右のものを新たに新調した。

しかし、どうも古いものを、ポイッと捨てるのが躊躇われる。
机の端に2週間ばかり置いてある。

捨てれない理由は、おそらくこれが、毛髪を想像してしまうからでは無いかと
思い当たった。妙齢の男子(!?)として、これからやってくるであろう状況を
先取りしているようで、捨てられない。

「私は替えがききますけど、あなたのは替えがきかないんですよ。ふふっ。」
との声が聞こえてくる気がする。荒井由美は「すべてのものはメッセージ」と
歌ったけど、ほんとうだ、これ。

でも、このブログを書いたら、ポイッと捨てようと思う。
ありがとう、ワイヤーブラシ。さらば。


posted by ヤマモト at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2014年01月06日

2014

IMG_1800.jpg

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

去年より始めたガリ版年賀状作りも少し慣れてきました。
下手な絵も、ヘタウマになるガリ版の不思議。

そして、年末年始は、あれこれ行きました。

IMG_1817.jpg

IMG_1842.jpg

IMG_1887.jpg

IMG_1926.jpg

IMG_1880.jpg

今年も今まで通りマイペースにやっていきたいと思いますので、
宜しくお願い致します。


posted by ヤマモト at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年12月28日

2013

年内の制作も無事終わり、大掃除もなんとか無事終わりました。心を鬼にして、
古い型紙や、制作過程のものもさよならしました。
もう少し心を鬼に出来ればと思いつつ、残すものもあったけど、
工房を広く使う為に、過去はばっさりしたいと思いつつ、
それは少し考えようと思います。

そして、今年もなんとか無事終わりました。一年間ありがとうございました。
今年はいろいろ思う事の多い一年でした。やはり広い工房が必要になって
きたように思います。自然と工房の広さに(狭さに)あわせていろんな事を
セーブしてしまっているな、と感じます。

来年は新しい工房を…
とか思いつつもこればっかりは、タイミングなので、良い出会いがある事を願いつつ…

毎年、この時期になると、「なんとか生き延びた。」と思う。
そんなかつかつでは、なくなってきたけど、この感覚は大切にしようと思う
今日この頃です。

みなさま良い年をお迎え下さいね。



posted by ヤマモト at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年12月05日

12月

12月!早い!先日無事、益子に戻って来ました。

展示会では、1日の在店日でしたが、いろんな方とお話する事が出来て楽しい
時間でした。いつも制作したり、検品したりする、目線とは違って、改めて自分の
制作したものを眺める機会は有り難いです。

IMG_1751.jpg
展示風景

今回は、東京で展示を見たり、和歌山に寄ったり、(例によって写真無し)
私用で広島にも帰郷しました。沢山の方とお会いできました。
お会いした、皆さんありがとうございました。楽しかったです。

IMG_1765.jpg
地元呉の景色。吉田健一が、(なにかの本で、何だっけ?)「呉の孤独は格別だ。」
(みたいな事を)と言っているけど、改めて呉の孤独、体感です。いい!

IMG_1744.jpg
お約束の富士山。

IMG_1777.jpg
広島空港近くの竹林寺の竹。確か1300年(1500年だったか。)の歴史があるらしい。

IMG_1781.jpg
水面への移り込み!!

と、年末の忙しい時期に、いろいろ行ってしまいました。
(大事な用があったのですが…)
という訳で、12月は制作の鬼にならなくてはなりません。
風邪ひかないよう、気をつけつつ、制作に励みます。


posted by ヤマモト at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | note

2013年11月25日

調の部分じゃないところ

今朝パソコンを起動させようと思ったら、変な音が、調べてみると、メモリとの互換性が
うまくいってないとの事、なんとか、使えるようになりましたが、
急に相性悪くなるってあるんですね。

さて、先日お伝えしました、エフスタイルさんのステインプルーフシリーズの
新色ですが、無事制作完了!今週末30日より、多治見のmekuriさん
(ANDADURAも取り扱って頂いてます)での展示会に並ぶようですので、
是非ご覧下さいね。


14.jpg

そして、現在発売中の雑誌nid「民芸はあたらしい」で
取り扱い頂いている、ロクの橋本さんの紹介で、掲載されております。

「民芸?」と思われた方も多いかと思いますが、
掲載のお話頂いた時に、電話で橋本さんとも「きっと浮きますよね。」と
お話していたとおり、誌面を見ると、やはり浮いてる。

けど、誌面の橋本さんの文章を読んで頂くと、ちゃんと定着しているのかとも思います。
雨で本屋に行くのが億劫な方のために、どんな文章かをざっくり説明すると、

「民芸調」の調(はスタイルですね)の部分でないところで選んだ、という事。
「スタイルじゃなくその思想で選んで頂いた。」とずばっと書きたいですが、
思想でもないように思いますので、調の部分じゃないところと、まどろっこしく、
書いてみました。

という訳で、宜しければご覧下さいね。



posted by ヤマモト at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年10月22日

日独

昨日書いた裏技の話。少しマニアックな話です。

IMG_1707.jpg
ミシンの上糸の張力を調整するダイアル。これは、押さえを上げると、開く
仕組みになってます。縫い終わりに縫製物を取りやすくする為です。
しかし、90度の角を縫ったりする際も開き、糸調子が乱れやすく(ホント微妙に)
なります。

IMG_1708.jpg

横のネジを外すとかぽっと抜けます。

IMG_1709.jpg

こんなのがついているんですね。(ミニドライバは、
今年の自分への誕生日プレゼント。地味!)

IMG_1710.jpg

奥にこのようなピンが入ってます。押さえを上げると、裏からこのピンが
押され、隙間が開く構造になってます。

聞いた話では、ドイツのミシンは、元々この部分が開かないようになってるみたいです。
送りも楕円で送ったり(日本は円運動、楕円は上と下の送りがきっちり1対1になる、
厳密に言えばですが)縫う綺麗さを重視しているのに対し、
このピンは効率性の証みたいなものですね。

ドイツの実直性と日本の効率性。

だから、今まで聞く話では、
ピンを取ってドイツスタイルか、ピンをつけて日本スタイル。
にしているようですが。

あ!!削れば、両方の良いとこを出せるじゃん。
との(ささやかな)発見。角等を縫う時には開かず、
縫い終わりには開くよう、押さえの上げを2段階で調整出来る長さにしてみる。
一発勝負なので、少し削っては試し、を繰り返し丁度良い長さにもってゆく。

ええ、いい感じの長さになりました。
とっても良いです。

こういう小さな発見も自分の頭で考えて見つけるのが醍醐味です。
試してみたい方(って何人いるんだろう)は自己責任でお願いします。
ミシンによってはしない方が良い場合もありますからね。

時間が経つと、書くとか言って書かないので、
覚えているうちにアップします。

小さな発見は楽しい気分になります。はい。


posted by ヤマモト at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年10月21日

ミシンと再会

先日修理に出していたミシンが戻ってきました。
久々の再会で、やはり愛着を感じているのだなと、
感じました。

IMG_1692.jpg

IMG_1693.jpg

故障パーツは、同じ塗装のものが無く、白い色になりましたが、
旅に出た息子が、少し大きくなって帰って来たのを受け入れる父親の心情(!?)です。
よくぞ無事に帰ってきてくれた。

IMG_1694.jpg

そしてニューミシンです。

IMG_1695.jpg

日々刻々と姿を変える工房。
コバを磨く機械を結構前にですが、導入しました。

ミシンが2台あると、安心して制作出来ます。
それに結構、細かなところまで、自分でいじるようになりました。
「壊れたら直すから。」というミシン屋さんの言葉に背中を押されつつ、
これも勉強、と思い、いろいろ試しております。壊れた際の授業料は安くはないですが、
まあ長い目で見たら、いろいろ覚えておいた方が良いですからね。

「わっ発見!」っていう技も見つけたのですが、
それは、また次回にでも紹介しますね。



posted by ヤマモト at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年10月01日

益子に戻りました

無事『くらしのmoto市』も終わり、益子に戻りました。
首都高を運転したくない!という事で、
益子〜秋葉原間のバス『焼き物ライナー』での往復。

IMG_1546.jpg

新しいカメラを試すべく、スカイツリーをパシャリ。暗いところもそこそこ良く撮れる。

そして、当日のmoto市の様子です。

IMG_1550.jpg

IMG_1554.jpg

IMG_1556.jpg

毎年荷物を梱包する際にひいている布が見つからないのが慣例で、
今回も結構探しました。見つかりやすいよう、ストック棚に巻いて入ってました。

IMG_1561.jpg

どうでも良い事ばかり書いておりますが、
当日はいろんな方にご覧頂き、お話出来て楽しい時間でした。
毎年合う出展者の方々ともお会い出来たし、天候にも恵まれ、良かった…

遊びに来てくれた皆様、moto市主催の方々、
会場の簗田寺の方々ありがとうございました。

心残りは、帰り道に献血して帰ろうと思ったけど、時間がなくて出来なかった事、だけ!
次回は少し余裕をもって行こうと思います。

という訳で、制作の日々に戻ります。


posted by ヤマモト at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年09月23日

9月

久々のブログです。
すっかり涼しくなりました。8月に体調を崩してから、
なんだか新しい工房に移りたいと、その事で頭が一杯になっておりました。

一つ気になる事があると、ずっと考えてしまうようです。
広くて、快適な工房を探さなくては…

いろいろしようと思うと、どうも安定を求める性質のようです。

さて、最近作ったもの達です。

KICX0920.jpg

エフスタイルさんとのお仕事、ステインプルーフシリーズに新色が!
10月末位からのものですが、予告的に載せます。
良い色です。光によっては、少しブルーが入っているかのように見える色です。
お楽しみに、です。また時期がきましたら、載せますね。

KICX1086.jpg

先日作ったレジ財布を改良。
レジまでとは、いかずとも沢山はいります。
ATELIER n°18 TRAVAILの荒井さんにお使い頂いております。

IMG_1483.jpg

IMG_1476.jpg

お気に入りポイントです。

IMG_1450.jpg

そして、我が家に入り込んだ虫たち。

IMG_1457.jpg

必死なカマキリ。

IMG_1485.jpg

そして、先日ATELIER n°18 TRAVAILさんに行った際に見つけた、石けん。
いい匂いが好きで、このリンゴの香りはたまらなく好き。

さて、moto市まであと一週間切りました。
当日は、お財布を中心に何点かピックアップして持って行きますので、
ご覧になりたいものございましたら、ご連絡下さいね。

と雑記のような近況報告です。
先日お会いした方から、
「ブログ書いてないから、なんかあったのかと心配してたよ。」と。

はい。元気にやっております。
そして、いろいろ変化する時期なのかなと、涼しくなって、
多少はものを考えられるようになった頭と体で、ひしひしと感じております。

ブログをもう少し書きたいな、と思い。
持ち運びしやすい小さいデジカメを購入しました。
何かをしながら、カメラを取り出す、あの間がどうも苦手ですが、
克服して、少しマメにアップしたいものです。

moto市でお会い出来る事楽しみにしております。


posted by ヤマモト at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年08月10日

いろいろなお知らせ

今日も暑い工房です。
8月に入って夏風邪をひいてしまい、熱でうんうん言っておりました。
ようやく1週間で熱が下がりました。夏風邪恐るべし、でした。

さて、本日発売のメンズノンノに少しだけ、掲載頂いております。
本当に少しですので、「是非ご覧下さい。」とのお約束を言うのは、
はばかられますが、ウォーリーを探せ感覚でご覧下さい。

KICX0884.jpg

ニューミシンを背景にパシャリ。
設定等が済んでないからまだ使えないし、新品はカチコチなんですね。
使い慣れたミシンがいかに使いやすいかを体感しました。
時間をかけて、使いやすいミシンにしてゆきます。

そして、8月14日から19日まで広島に帰郷します。
メール等は返信致しますが、遅くなる場合もございますので、
ご了承頂けたらと思います。

みなさんも良い夏休みをお過ごし下さい。


posted by ヤマモト at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年07月05日

夜の散歩

7月!に入ってから5日!
早い。今週はなんだか怒濤(といってもかわいいものですが)だった。
ミシンの不調が主な原因だけど、良いミシン屋さんに出会えたし、良しとしよう。

そして、この季節は夜の散歩に出かけている。
近所のあじさいが咲いて、道なりに提灯が灯っている。

KICX0747.jpg

KICX0748.jpg

夜風に吹かれ、神社にある、縄のワッカを3周して(左、右、左の順に3周と書いてある)
我が家に帰る。

15分位の散歩だけど、良い気分転換になります。
提灯が出なくなるまで続く、習慣です。


posted by ヤマモト at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年06月17日

この季節

この季節になると、気付くと道具が錆びる。
さあ、制作だと道具を手に持つと、ザラザラ、と。

あぁ、この季節が来たかと妙に実感する出来事。

KICX0619.jpg

シンナーで拭き取って、オイルを塗る、ささやかな抵抗。
下から3番目の道具は大のお気に入り。見つけて良かったぁ、と度々思う。

そして、吊り下げ扇風機。

KICX0624.jpg

これも取っ手にフックを引っ掛けている時に、あぁ、この時期かと実感する出来事。

ともに、何年も使ってるから、こう季節の実感になるのだなと思う。
なかなかいいものです。

扇風機は2代目だけれど…


posted by ヤマモト at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年06月10日

制作風景

前にDM用に撮った写真達が出て来ました。
制作写真は自分では撮れませんので、制作手順に沿ってアップします。
服が厚着ですが、3月位に撮ったものです。

IMG_5592.jpg

IMG_5598.jpg

IMG_5610.jpg

IMG_5613.jpg

IMG_5620.jpg

IMG_5633.jpg

IMG_5636.jpg

IMG_5642.jpg

IMG_5652.jpg

特に意識してないですが、縫う場所によって手が忙しく動いてます。
LGW03の縫い合わせの行程です。完成目前な華のある(!?)行程です。


posted by ヤマモト at 11:54| Comment(1) | TrackBack(0) | note

工人祭

会津三島で行われた工人祭に行って来ました。
ずっと行きたかったので、念願叶いました。
日帰りでしたが、いろいろ行きました。

朝6時に家を出て、高速で向かい。
柳津に寄って会場に向かう。
柳津では、あわまんじゅうを食べ、福満寺による。
1200年の歴史があるとされる場所。

IMG_6002.jpg

IMG_6005.jpg

IMG_6006.jpg

IMG_6013.jpg

柳津はまたゆっくりと来てみたい場所です。

そして工人祭。

IMG_6015.jpg

IMG_6017.jpg

同居人がお世話になった方達のブースでご飯を頂いたりしつつ、
ゆっくりと楽しむ。

IMG_6019.jpg

穴を覗いてみて、と言われ、覗くと小鳥のヒナ達。
テント等が立ち、親鳥がヒナの場所が分からなくなったのだそう。
今頃は、見つけてるといいのだけど。

そして、工人祭を後に、奥会津の昭和村に行く。
ぶどうかわでかごを作られている、のイノマタさん家を訪ねる。
「我がいえ」で作った、トチ餅やきな粉や、小さなタケノコ(名前忘れました。)
など頂きました。

お土産にとぶどうかわの一升瓶入れを頂き、頂きっぱなしの一日でした。
というわけで、何をおかえししようかと考えている、今日この頃です。


posted by ヤマモト at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | note

2013年04月22日

展示会終了しました

京都のロクさんで行われておりました、展示会は無事終了致しました。

在店日には多くの方とお話する事が出来て、有難い時間でした。
益子の工房で作ったものが、多くの方に使われているのを見ると、
役に立っているんだなと、嬉しくなりました。
お越しいただいたみなさま、機会を作って頂いた、ロクの橋本さん
ありがとうございました。

先日、なつかしツアーについて少し書きましたが、
もう少し書きます。

古い蓄音機と、レコードプレーヤーの展示を見ていて、
遠くから来たから、という事で、レコードを聴かせてもらったのですが、
その中で、世界で最初に有名になったテノール歌手の音源を聞きました。

「レコードプレーヤーは、家庭に音楽をもたらし、また普及する事で、
歌が広い範囲に伝わり、有名な歌手を生んだ。」

と柳さん(何度も名前出してすみません。)が解説してくれました。
すごく個人的とも思える、初期の蓄音機や、プレーヤーが、世界を変えたんだ、
と思うと感慨深く、その解説を聞きながら、ブリコラージュ的な手法で作られた
オブジェの様な蓄音機を眺めておりました。

いろいろバタバタと動いておりましたが、この博物館の一室で、蓄音機を眺めた
静的な時間が印象に残っております。

もちろん、そういうものを作りたいなどという欲望は、心の片隅でメラメラして
おりますが、それは、言わない事にします。(言ってるけど)

写真は作業台の一部。なにやら心ひかれる図形に気付いたので、パシャリ
撮ってみました。

KICX0450.jpg
posted by ヤマモト at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | note